« 音楽。その深遠なるもの。 | トップページ | 忘却。 »

2024年5月10日 (金)

坊主あたま。の効用。

初めて丸坊主カットをした。それも娘に。実は少し抵抗したし、ギリギリまでベリーショートにしたら?とか色々アイデアで押さえ込もうとしたが、本人の意志が固く、逆に説得されてしまった。夫がプールに行く前に美容室を覗いて、考え直したら?とか、少しは残したら?と色々言っていたが無駄だった。結果、以外にも似合っていて驚くことに。

そういえば娘達の結婚式では披露宴で丸坊主の女性が参列していたし、東京では女性の丸坊主は珍しくも奇抜でもないらしい。それ故か婿殿は反対もせず、孫べえも別に、の反応。学校に来るときだけカツラでとは言ったそうだが。は。

ちょうどカットの真っ最中に、今度の宝塚の舞台に出演するNさんが宝塚メイクのアドバイスをして欲しいとやって来て、驚いたものの、自分も実はやりたいと思ってるんです、と事もなげに言う。やっぱり時代の流れ?

わざと剃り残しを作ったりしてわいわい言いながら完成したが、今度はそれにターバンを巻いたり帽子をあてがったりして遊んでいる。まあ、意外にも似合ってはいると全員一致の意見。プールから帰宅した夫も予想とは違ったようで、呆れながらも似合ってはいると、、、。

肝心のご本人はとても快適なんだそうな。頭が軽いのはもちろん、気分も爽快なんだそうな。不思議な事に、髪の毛が全く無くなったのに、何かを纏っているような気がする、なんてことを言い、お母さんもやってみれば!?とも。いや勘弁してよ。それだけはナントいわれてもノー!

てなことで、本日はよく笑った。

そして、娘の心意気に感心もした一日だった。

« 音楽。その深遠なるもの。 | トップページ | 忘却。 »