« ジビエ料理。 | トップページ | 人は救いを求めている。 »

2024年5月24日 (金)

芸術の相互作用。

本日は人形劇。普通の劇と違って少々毛色が変わっている。面白いとは思うが、何故人形?と思ってしまう。もちろん意図するところはあるんだろうし、プークと言えば日本を代表する劇団になっている。でも、人形を使う後ろの黒子が声を出し、演技もしているのを見ると、人間その人が何故その役にならないのかが不思議な気がする。声もしっかりしているし、、、、人形浄瑠璃というのとはチト違うなあ。絵本の読み聞かせに似てる部分があるかも。

ま、色んな表現法があるってことだ。

そういえば、今日の演目、「死に神」は落語から取った物だというから、まさに色んな表現法の一つとして楽しむべき物なんだ。例えばオペラ「カルメン」も、黒人ばかりが出演するミュージカルで見たことがあるし、オペラ「蝶々夫人」も、イギリスでミュージカル化された「ミスサイゴン」として見た。様々なジャンルが自分のよしとする表現方法で一つの作品として創作するのも確かに面白い試みだ。

こうした交流の中から新たな魅力ある作品が生まれるってことは確かにあるんだろう。

時代と共に果てしない可能性が生まれるって事だ。人間は面白い!

« ジビエ料理。 | トップページ | 人は救いを求めている。 »