« 拉致されて遠出。 | トップページ | 「歌」「歌うこと」 »

2023年11月23日 (木)

しあわせ実感。

久しぶりにクラシック音楽を堪能した。構成も良かったし、何より力のある人達を集めていたという感じ。ご招待して下さったので、いつもは絶対座らないど真ん中の前から二列目という危ない場所に着席。時々、もっと後ろに行きたい思いに駆られたが、最後までそこに居続けることとなる。故に舞台を生々しく見ることにもなり、昔このステージを踏んだときのことや、舞台設営であのシャンデリアが邪魔、と言われ四苦八苦したことなど、いっぱい思い出して感無量。ジャンルーカが弾いたベーゼンドルファーがメインの楽器だったが、ホントに懐かしい。

出演者の中に香川出身者が複数いて、同じくこの舞台は学生時代にコンクールで立ったことや、合唱をした思い出があるとのこと。思えば、これまで舞台の床は夥しい数の出演者達を乗せてきたんだ。今は亡きパバロッティが演奏前にメトロポリタン歌劇場の床に口づけをして祈りを捧げてから歌ったのは有名な話しだが、その意味が今にして分かる。

そして、今日の一番のお目当てはアルトの山下牧子女史だったが、本当に完璧なハバネラを聴かせてくれて大満足。その前にグノーのアヴェマリアを歌い聴衆を泣かせて直ぐにこういうのが歌えるのも素晴らしい。

この席は矢張り余りよろしくない。後ろだと多分気付かないような発声上のミステイクや楽器の微妙な狂いに気付いてしまう。こういうのは気付かずにただ美しい音色に酔う方が良い。

それにしても香川はやはり音楽王国なのか?優れた演奏家が沢山出ていることに驚く。おかげで今日はとっても長い演奏会となった。まずロビーコンサートがあり、そのあと3部に分かれた音楽会というわけだ。3時に着いて、6時半まで会場に居たが、夫がしびれを切らしてまってそうで落ち着かない。ちょいと長すぎたと思うが、、、。

全く寒くない日中、青空天井の下で、チェンバロとフルートの可憐な演奏があったとき、空を見上げると折しも吹き始めた強めの風に押されてか、白い羊雲がいっぱいまるで音楽を聴きに来たかのように集まってきた。それを写真に納める人もいて、思いは同じだな?と思ったことだ。

今日はこうして音楽のシャワーを一杯浴びて、よく眠れる予感。

良い一日だった。

« 拉致されて遠出。 | トップページ | 「歌」「歌うこと」 »