« 芸術の秋。 | トップページ | ウクライナの歌。 »

2023年11月 7日 (火)

理不尽で無い死は無い。

明日は胃がん検診の日。ただ今絶食中。こういうときは寝るに限るが、夫がガンガン書けているTVの音に気を奪われている。自分はこうして検診なんぞというある意味のんびりした日常を送っているが、TVから漏れ聞こえてくる戦争は余りに悲惨で、現実の事と思いたくない。ウクライナへの関心が薄れてガザに移行しているという側面をゼレンスキーが心配しているというニュースも流れるが、それも分からなくは無いが、どこであってもこの戦争は誰もが関心を寄せるべき事象だ。

それはそうとして、近頃早くに亡くなった友人のことが思い出されてならない。家族では無いがそれ以上かも知れなかった関係の彼女が、あんなにもあっけなく去ってしまったのが、時間を経ても尚わが涙腺を緩める。人生は別れの連続だが、平和時には、一つ一つの別れがひしひしと身に迫る。どの別れもどうしようも無い事と分かっていても、、、、。

スマホやパソコンの連絡先などに先に逝ってしまった友人達の名前がそのまま残っているが、なかなか消せない。

ネットニュースで横田早紀江さんが出ていたが、この私より10歳年上で病気がちながらめぐみさんとの再会に望みをかけて闘っているようだ。おそらくは普通のお母さんより随分頑張ってきた人だが、いつかその命の灯火も消えるだろう。

世の中には理不尽なことが溢れている。

« 芸術の秋。 | トップページ | ウクライナの歌。 »