« 暑い日の寒い事件。 | トップページ | 女・女・女。 »

2023年7月 3日 (月)

クーラーが来たものの、、、。

あまりのことにがっくりな日。

今朝一番で新しいクーラーの取付工事に来てくれたは良いが、何度入れてもスイッチが切れる。辿ってみると大元のブレーカーが落ちている。結局前のクーラーも故障ではなく、これが原因でスイッチが入らなかったということになる。まあ古い物で新しくするのは良いとしても、折角付けた物が作動しないでは困る。急ぎ以前リフォームでお世話になったA氏に電話して相談に乗って貰う。結果、専門家に連絡してくれて色々やってみるということになる。が、業者さんも近頃は忙しいらしい。直ぐにやってもらえるかどうか甚だ怪しい。

47年住んでいる家。何が起きてもおかしくないと覚悟しておかなくてはならないのは分かっているが、、、。

クーラーの購入に行ったお店で、A氏の名前を出すと非常に評判が良い。「北海道出身でねえ、彼は。道産子って、芯がしっかりしてて、人柄も良いんですわ。」などと言う。確かにそうだ。色んな困りごとにもあっさり相談に乗ってくれるし、我が誕生日まで覚えていてくれてお花をプレゼントしてくれるなんざ、近頃珍しいセールスマン。しかし、出来る事と出来ない事はキッチリ告げる。仕事はやっているんだ。で、今回も再び彼のお顔を拝顔することとなった。以前股関節の手術で入院していたこともちゃんと覚えていてくれて、「大丈夫ですか~?」としげしげと眺めてくれる。大分あんよが上手になったと褒めて貰ってるのよね、と返事したり。。。この絶妙な気遣いが彼の持ち味だ。

ま、それはともかく、無事あのクーラーが使えるようにと祈る思い。全く電気に弱い我々夫婦は頼る他ない。

実は先日クーラーの購入に行った際、クレジットカードを落としていて、バッグやら車やら家中を探した挙げ句、電話で保管してくれていることを知り、急ぎ受け取りにいったというお粗末。段々色んな事が怪しくなってきた。ま、この手のことを数え始めるときりが無い。人間も、家も、物たちも、段々終が近づいてきているというわけだ。

« 暑い日の寒い事件。 | トップページ | 女・女・女。 »