« 昼間はぽかぽか陽気だったなあ。 | トップページ | 枕。 »

2022年11月 1日 (火)

忙中閑あり、再び。

朝のお仕事が急に入り、ゆっくり朝ご飯が食べられないまま仕事を終えたところに寝ぼけ眼のお嬢からテレビ電話でブランチの誘い。あちらはこの所の多忙で長時間勤務の翌日は起きられないため、こうして昼前になったところ。じゃあ、どっか行こうとなり、よく利用するカフェに決める。わが家からは15分ほどの場所だが、おしゃれでゆったりとしていて、洋風のお庭を見ながらくつろげるのがお気に入り。今日は久しぶりの雨で、小雨から結構な量の雨に変わり、木々の葉っぱが濡れていく様を眺めながらのランチはなかなか良かった。若い頃「H」という町中の有名なお店につながる人が経営していて、今日は食べなかったがその懐かしいメニューもあるという場所。母を最後に連れて行ったのが夏で、大きなアイスクリームパフェを笑いながら食べたのを思い出す。

こちらは3時間後にも仕事の予約が入っていたが、お嬢の相談にも乗るだけの時間はあった。彼女は年内にも新しく立ち上げることがあり、そのネーミングの相談に乗ってくれと言う。曰く、「日本語として美しい言葉。」「古くても良い。」「目的にかなったイメージのもの。」etc.注文が多いが、こっちは自分の事ではないという気軽さから思いつくままあれやこれやと言葉を出して見る。こういう作業は嫌いではない。敵もそれを察知して言いたい放題。「お母さんの得意分野なんだから。私だって協力してあげることもあるんだから。。。」と恩着せがましい物言い。こうしてたっぷりブランチを楽しんで目的を果たし、帰路に一カ所DVDをお届けしたが、実はこの作業はまだまだ進行していない。お送りした方からは、ご丁寧なお礼メールが入ってきているが、手渡し出来る方にはなるべく手渡しをと思って沢山残してある。ま、そのうち。

昨日メールの整理をしていて、アーツフェスタから来ていたものに気が付いた。各参加団体の公演を視察した方々からの感想の一覧が載っているものだ。ちぇちに関しては、「当日団体が解散すると発表されたが、もったいないと思った。」と書かれてあり、そう思って下さった方が居たことに感謝の気持ちが湧く。

このお祭りには内の団体を含め19の団体が参加したが、一期間にこれだけの人々がなんらかの発表するだけの芸術力が高松にあるということは矢張り嬉しいと思う。我々が撤退してもこの高松の土壌には間違いなく色んな花が咲こうとしている。今後はもっぱらそういう人達を客席から見せて頂くことになるが、それも又楽し、ってところだ。

先日は女子会でしこたま飲んで、、、、と豪語したいところだが、生中、焼酎のそば湯割、カシスオレンジカクテル、プラスジュースというかわいらしさに終わった。にも関わらずどうも翌日胃の具合がイマイチ。行く前に「うこんドリンク」をひっかけて行ったが、それほど効いたとも思えず。。。結局弱くなってるのを実感。この日、一番若いFさんが、いきなりお墓の話を始めて驚いたものだが、若くても折に触れこういうことは考えるんだなあと妙に感心。飲み放題のコース料理を次々と平らげながら、、、、ま、今は娑婆を楽しもうってか?

外に出るとハローウインの仮装をした若い子達がたむろしているのと遭遇。見るのは楽しいが、寒くないの?って感じの露出。何が楽しいのか解るような解らないような、、、。韓国の悲劇はまずいが、そうでないなら良いんじゃないの?自然発生的なお祭りの一種らしいが、時代と共にお祭りの様相が変化するのは当然のことだ。もっと見たかったが、お迎えに来ていたお嬢の車にいそいそと乗り込む。この日本番だったお嬢はテンションが高く、送りがてらわが家に上がりこんでお茶。それこそハローウインの仮装に出てたの?ってメイク。イヤハヤイヤハヤ。こっちは何を見ても楽しいのはアルコールのお陰だったか?

次回の飲み会は、うこんの強力タイプを飲んでから行こう。ってね。

« 昼間はぽかぽか陽気だったなあ。 | トップページ | 枕。 »