« おお疲れた! | トップページ | ある闘い。 »

2022年5月 8日 (日)

全力投球の日。

体調不良でずっとお休みしていた義妹と共に今日のチェチ練に。何からやっても意味のあるこの時期。矢張り動きは大変だ。覚えて自由に動けるまでには相当努力が必要だ。会場にいる間中大声でがなりっぱなし状態で、自分でも声が出なくなるんじゃないかと危惧しつつだった。ふ~っ。

もう一つ、如何に全員が暇な時間を作らず、何かしらやっているようにするか。これにも気を配っている。が、なかなか人の演技中は休憩になってしまうことから脱却できない。ま、そのうちだ。

帰りに衣裳部屋に初めての人を案内して行き、本番用の衣装をあれこれ物色して、ほぼ決めた。こうして一人ずつでもやっつけないと、、、、。好天が嬉しい。雨の日に行きたくない場所だ。あのお方、無事帰れたかしら?女性は方向音痴が多いからねえ。仏生山駅で私は右に、あなたは左ね、と言ってたのにも関わらず、こっちと同じ方向に指示器をだしていたモンネエ。イヤハヤイヤハヤ。

帰宅して早速チラシの校正の原案を印刷担当のA氏に明日か明後日現物を見に行こう。

そうこうしている内にも、次々と今回の参加者から連絡が入る。昨日お届けした資料に反応してくれるのもあり、スタッフとしてお手伝いいただけるというお返事に返信もしたり、、、。この方は舞台経験者でもあるので、ただの裏方ではもったいない。表舞台にも入って貰うことを考えようととかとかとか、、、。

段々後回しになっている短歌を、なんとか提出。じっくり考える余裕がない。先日、短歌の会員に、「コロナの歌が詠めるんじゃ?」と言われたが、そうなんだけど、経験者ならではのを詠みたいしねえ。ま、何事も簡単にはいかない。ムムム。

« おお疲れた! | トップページ | ある闘い。 »