« 一応動いている。 | トップページ | 四十九日。 »

2021年5月20日 (木)

接種終了ですこし安心。

ワクチン二回目終了。ビクビクしていたが、発熱も6度8分で大したことはなく、だるさも前回の方が強かった。人それぞれなんだと思う。

今回病院に行って内心思わず笑ったのが、誰一人黒を着ていないということ。前回と同じメンバーが集まっているのだが、全く服装が違っていて驚いた。あれほどダークな色彩の人ばかりだったのが、昨日は色とりどりで花柄を来ている人まで居た。(そうそう、皆さん、そうこなくっちゃ~。私たち、まだまだ行ける年齢なんですからして!)と独り言。こちらは、あえてドドメ色を着て行ったが、かえって目立ったくらいだ。ただ、上着はくすんだ色ではあるものの、神戸の「色即是空」というお店のもので、変わったデザインと色で、平常なら多分買わなかったが、随分以前に義妹と出かけた折、バスの時間がない為、慌てて衝動買いしたもの。買ったは良いが、斬新すぎてなかなか着られなかったものが、今回の断捨離で出てきて、ちょっと着てみることにしたものだ。ま、取りあえず他人と違う感覚のものではあった訳だ。

洋服というものは面白いものだ。これも、人間が作り出した優れた文化。コロナ禍で、おしゃれもままならない時代になっているが、女性達はそれでも抵抗しているんだと思う。いや、女性だけではない。今回送られてきた短歌の会誌には、男性の歌にもおしゃれに関するものが色々あって面白かった。

今回、たまたま自分の歌が母のことを歌っていて、それを読んだ知人から感想がきたので、どれほどの人がそれぞれの母親について歌っているかを数えてみた。全部で249首あり、その中で21首が母に関するものだった。お題は「衣類」だったが、こうしたお題ゆえ母に繋がることが多いような気がする。母以外の家族については42首。約四分の一が家族のことを歌っているわけだ。

誰にも母が居る。語り尽くせない母が居る。

« 一応動いている。 | トップページ | 四十九日。 »