« 一つの学び。 | トップページ | ホールという場所。 »

2020年12月12日 (土)

七十五歳の幸せ。

遂に本日正真正銘の後期高齢者になっちまった!ま、外から言われるまでも無く身体の老化は日々思い知らされている。

友人から長電話を貰ったり、FBで沢山の人からお祝いメッセージが届き、それに対応しながらどっか他人事のような感じもする。

75年前はどうだったかを母を訪ねて聞いてみるが、既に記憶の外だった。実際そんなことはお互いどうでも良くなっている。今元気、が一番の関心事。母は、、、元気だった。

孫べえと娘の三人でお気に入りのそうめんやさんにランチを食べに行く。今日は珍しいものを食べた。里芋を潰して豆乳に混ぜ、シチューのような味付けにそうめんが入っている。期待通りのおいしさ。この寒いのに孫べえは冷たいのを注文する。密を避けて誰もいない外に建築中の部屋で食べたがなかなか良かった。そこにさりげなくおいてある山の植物を見て、俄然採りに行きたくなった。そういうのにはすぐに乗ってくる娘親子。そこから公渕公園を回り車を走らせていると上手い具合に手の届くところに千両の親分みたいなのがあって数本ちぎってご機嫌。で、意気揚々と引き揚げるつもりが、派手なショートメッセージの音。何事?と思ったら、あっちゃあ~、本日はアートフラワーのお稽古日だった。道理で気持ちが生け花に向くと思った!すっかり忘れて遊びほうけていたわけだが、そこからは娘の運転にじりじりしつつ急ぎ帰宅。準備もそこそこにバタバタと出かける。先生も呆れるほどのチョー速いスピードで仕上げ、なんとか最後の人とそう変わらない時間で退場。レッスンはものの20分くらいだったと思う。やれやれ。

ようやく日が暮れて、予定通り夫がご帰還。予約してあった和食のお店に二人で出かける。これって、全く久しぶり。もしかしたら何年ぶりかも。だいたい誰かが一緒で、二人での外食はお昼のうどんや以外ホントに無い。料理が来るまでしきりにスマホのニュースを見ている夫。このシチュエーションに慣れてないのだだ!「大きな地震があったらしい。」とかなんとか。。。このお店は丁寧な料理で全てが美味しい。ランチはよく行くが、夜はめったにない。それほど広くは無いが全ての席が埋まっている。ひっきりなしに電話もかかり、矢張り人気店だ。大満足で気分良く帰宅すると息子から電話。孫二人がハッピーバースデーを歌い、家族でしばらくお喋り。あっちは毎日結構な数の感染者が出ていて、外食もままならないらしい。憂さ晴らしかみんなでよく喋りよく笑った。夫も寝ると言いつつ何度もあれこれカメラに写しては割り込んでくる。やがて又ねえ、とテレビ電話を切ると入れ替わりに娘からの電話。たった二人の子供でこれだから、沢山子供がいる家はさぞ賑やかなことだろうと思う。

しかし、色々あっても自分はなんて幸せなんだろうと思う。

 

« 一つの学び。 | トップページ | ホールという場所。 »