« 秋だな~。 | トップページ | 字を書く。 »

2020年10月19日 (月)

登山日より?

依然と同じような多忙さが戻ってきているが、ここにグチグチと書いた長文が何かのタッチミスであっという間に消えて意気消沈。復旧できるかどうかあれこれやっている内に時間が経ち断念の憂き目。書く元気もなくなるわいな~。自分のせいだが、、、。

昨日は三婆を寒くなる前に連れ出そうとなり、スケジュールを合わせ娘と一緒にランチ。まずは下の妹が分からず、「あれだ~れ?」という母のお言葉から始まり、車の中に乗り込んでいた叔母二人がお喋りのすえ、「まあ、姉さん、乗っていたの?」という摩訶不思議な会話が続き先が危ぶまれたが、まあ半年以上会って無ければお互い風貌も変わっていて無理もないかとも思いつつ、、、。ではあった。

約2時間の会食はなんとかなんとか楽しく進行し、お二人は娘がお送りし、こっちは母を予約していた病院へと運ぶことに。100歳、98歳、90歳というトリオ。これが最後かも知れないと思いながらのことではあった。みんな自分で食べて、用心して車椅子だった母以外は自力で歩ける。素晴らしい姉妹だ。昔の金さん銀さんが随分もてはやされたのはそう昔のお話では無いと思うが、隔世の感があるなあ。なんせ100歳以上が8万人とか。凄い時代になったもんだ。

 

で、本日は孫べえの運動の為という名目のドライブ。女体山をず~っと車で上がったが、最後のところは歩いて展望台まで行かなくてはならない。さあ行けるか?と思いながらゆっくりと坂道を上って行く。昔の印象より随分細い山道だ。なんとか頂上に着いて、中学生の頃そこで写真をとった岩場の先端に行こうとして娘に強く止められた。かなり抵抗したがどうしても駄目と言い張られ、すごすごと引き返す。特別高所恐怖症の娘は自分も行かない。一人だったら行ってたのにと悔しい思いで降り始めたらちょいと高さを踏み誤って片膝を岩にぶつけてしまう。なんてこと!たかがこんな道!てな思いでショックを受けつつそこからからはスムーズに降りた。娘はそれ見たことか!と言わんばかり。ぐやじ~。

しかし、お目当ての猿には出くわさなかったが、イノシシ親子とウサギに遭遇。動物園よりずっと良いよねえ、と言いながらのドライブ。次回は植物図鑑を持ってこようと話して下山する。車中で即席の物語を作っては笑ったりなかなか楽しい半日だった。途中で道の駅にも立ち寄り色々珍しいものやびっくりする安い植木なんかを購入。

しかし、驚くことがあった。車の中でお弁当を食べようとしているとき、男女3人の登山姿の一行を見かける。女性がどうも知人に似ている。しかし、帽子を深々とかぶっているし、タオルを首に巻いたりして顔は殆ど見えてないからこっちの思い違いだろうと声もかけずに済ました。帰宅してからどうも気になってメールしてみると、ハイ、今日上りましたとの返事。わ~お。びっくり~。こんな偶然あるんだ~。ご主人の方が、娘の黄色い車に見覚えがあったとのことで、あれがそうだったんですか!となる。いやはやいやは、面白いことがあるもんだ。

心配した足腰の痛みも今は無い。明日のことは分からないが、、、。

« 秋だな~。 | トップページ | 字を書く。 »