« 記憶のお話。 | トップページ | コンサート。町歩き。 »

2020年10月10日 (土)

きれい好きも程がある、、、の巻き。

別に今更芸を増やすつもりは無いが、もともと花を活けることが好きだったため、ついついチラシに乗っかって、「フラワーアート教室」なるものに参加した。1時間足らずの講座だったが、なかなか楽しかった。早速今後も参加の意思表示をして完成した花を持って意気揚々と引き揚げた。たまたまその場所が和菓子のお店であったため、ちゃんと娘からお土産のリクエスト。栗、梨、無花果、フルーツミックス入りの大福を各1個ゲットして帰宅。

そこにやってきた友人がちびちゃんを連れてきて、一緒にお昼を食べようと手打ちそばを持参。俄に賑やかな食卓となる。やがてやってきたうちの孫べえと子供は早速遊び始める。仕事があると出かけた夫が居なくなり、暇な我々ばあさん二人は井戸蓋会議。そこで出た話題が、「近頃の若者はどうしてこうも神経質なのか?」ってこと。35歳の孫は将来一緒に住もうと言ってくれるが、とてもじゃないが無理。イカを触った手で冷蔵庫を開けたと言って何年も前のことを言うし、旦那が帰宅したら必ず玄関で靴下を脱ぎ、まずお風呂に入らないと二階には上げないらしい。こっちで一緒に食べたおかずを美味しいと言うので持たせようとすると絶対要らないと言い張るそうな。このコロナ騒動よりずっと以前からのことで、現在それに拍車がかかっているらしい。「人間、そんなことで死にゃあせん!」が最近の友人の口癖らしい。だもんで、とても一緒には住めないということだ。その通り。

わが家だって、似たようなもんだ。こうも価値観が違った原因は一体なんだろう?時代か?教育か?はたまた、、、?

 

全く住みにくいな~~。

« 記憶のお話。 | トップページ | コンサート。町歩き。 »