« ちぇち練の夜。 | トップページ | 観劇の日。 »

2020年9月17日 (木)

イチジク狩り。

今日は朝から多忙だった。来店客もあったが、個人レッスンもあり、その上お客様からのお誘いの電話がかかる。「わが家のイチジクを差し上げたいのですが、、、」勿論参ります、とお答えして早速仕事中の娘にライン。子供も一緒に行って体験させたいというので、それもお願いして子供の帰りに合わせてお出かけ。

ご主人がリタイアして広い土地に元々植えてあった野菜やフルーツの木を大切に育てているというお話は常々聞いていた。しかし、想像を超える大規模な果樹園となっていて驚く。季節ごとに楽しめるように色んな物が植わっている。今日はイチジクのほかに レモンやカボスやピーマンやなんかを頂いて帰ったが、うらやましい限りだ。孫べえはそこに同い年の男の子が居て聞けばゲームは一切やらないという子供だと分かり妙な顔をしていた。自分の周辺ではやるのが当たり前の友達ばかりだから、実際どう想ったのか?まさかここまで来てゲームの功罪を議論するとは思わなかったが、帰りの車ではそれが話題になったな~。ま、我が息子の子供時代もこれは結構な問題ではあったけどねえ。

その後用事で立ち寄った友人宅に好物と分かっていたのでお裾分けして大喜びされる。わが家も早速料理に使い、残りの中から母にもと想っている。昔からある食べ物は殊の外喜ぶからねえ。帰宅した夫もすぐに感激して一個パクリ。ま、好きな人が多いわなあ。

 

それにしても今日は多方面から先日の子供二人の車内死亡の話題を聞いた。母親の同窓生とかいう人の話や、停めていたパーキングを通った人もいて、車内はのぞき込めないようにしてあったそうな。色んな要素が悪くマッチしてあんなことが起きてしまったんだろうなあ。不妊治療で悩んでいる人からすると腹立たしい事件だというのも聞く。確かにねえ。

夕方のニュースでは、生徒に猥褻な行為をさせたとして逮捕起訴された元教員が実刑判決を受けて証人台に倒れ込んだというのも流れた。まさかそこまでの判決が下るとは思っていなかったということらしい。

古今東西、煩悩に人生を狂わされる人が後を絶たない。林檎をかじったイブの血が今にして連綿と流れているのだろう。

« ちぇち練の夜。 | トップページ | 観劇の日。 »