« 密です!密です!無理も無い。 | トップページ | 私の休日。 »

2020年6月22日 (月)

結局は人だな~。

当たり前のことだが、人類がこれまで築いてきたものは、全て一人でやってきたことでは無いだろう。どんなものも人々の知恵と力で完成させてきたのだ。今回のコロナ騒動で一番の副産物はそこにみんなが思いを致すことにあったのではないか?と思う昨今、夕べは主にオーケストラの指揮者が語るという番組があり、大体見た。矢張り良いことを話している。印象に残ったのは、井上道義氏だったか、ショスタコービッチの曲について、歴史の一大事件が起きたとき、その後が大事だが、この作曲家はそれを見事に表現していると。確かに聴いてみると不協和音が上手く使われて、落ち着かない終わり方をする。この人は以前髙松にも来て、その頃から情熱的な、ある意味行っちゃってるみたいな、、、、個性的な指揮ぶりだった。

今日は診断結果を聞きに病院に行き、懸念材料が全て白と分かり、最終的に整形へと回った。その結果、腰は相当悪くなってるらしい。しばらく薬で様子を見ることに。まあ、背骨に注射してくれて、少し楽になったような。。。で、心配していた娘が一緒にラーメンのチョー美味しいところに行こうと言うので彼女を乗せてお目当てのお店に行くも、休業日。で、そこからほど近いイタリアンに急遽変更。娘は初めてのお店で気に入ったようだ。今度は夫婦で来たいと。こっちは、色んなコンサートの打ち上げやら、楽団の人たちとの宴会で何度も来ていたが、それも遠い昔のことのような気が、、、。

で、親子の話題はいつものように多岐にわたり、昨日の展覧会から最近娘が凝っているジャム作りの話し。そして指揮者の番組は彼女も見たらしく、「これまで、音楽が人間にとって必要なのは分かっていたけど、どう必要なのか上手く言い表せなかったが、あの番組で、{寂しい}とおじいちゃん指揮者が言うのを聞いて、そうだった、寂しいんだ!」と納得した、と言う。まあ確かに。そして自分の感想は、オーケストラの人が指揮者をしっかり見て、早いパッセージなんかもの凄い集中して全身全霊で演奏しているのを見ると、ホントに真面目で素直な人の集まりなんだと思った、と言うと、吹奏楽部などで多少は経験がある娘が大いに頷き、「そうよ、楽器の人たちはホントに真面目な人たちよ。」と言う。「あら、そう?歌の人とは又ちょっと違うわねえ。」と言うと、「そう?」と返しつつも分かる部分もあるのかニヤニヤニヤ、、、しばらくはその番組の話しで盛り上がる。

こうした時間にも沢山のラインメールが入ってきて、短歌の原稿のことが行き交う。そう。一見個人プレーに見える短歌さえ、一人では出来ない文化かもしれない。

 

« 密です!密です!無理も無い。 | トップページ | 私の休日。 »