« トマト色づく。 | トップページ | 不思議なお話。 »

2020年6月 1日 (月)

Vincero!

本日のFM収録が終わる。いつものように順調に進行した。ミキサーのO氏の大変さは相変わらずだが、彼もこういう機会が無くなってしまうのは案外寂しいかも。兎にも角にもあと残すところ2回となった。

この機会にFBの皆さんに番組終了のお知らせを流した。殆ど寄稿せず、ただ見ているだけの人間だったが、久しぶりに書くことが、これっていうのもねえ。色々反応してくれて、嬉しくもあり、、、ってところ。コメントのお返しはまだしてないが、明日まとめてさせて頂くつもり。なんと言っても最初にやりませんか?と声をかけてくれたS氏から、感嘆符付きのお礼メールが入ったのは特別な思いで見た。何事もきっかけがあってのこと。彼との出会いが、参れも無く今日の私を作ってくれている。

人生はいつか消えるが、出会いと思い出の連鎖で道が出来ていることを思えば、なんと多彩な道であったことか。頭にひらめいたことを率直にお尋ねし、心に響いたことを共に語り合った1本30分の共有時間が23年間。おそろしく贅沢なことではあった。

ある若い演奏家は番組で初めて確執のあった母親との事を激白し、改めて母への感謝の言葉を口にした。これはとても思い出深い。又、世界的な舞台で華々しく活躍しても、一人間としての様々な心の葛藤があり、戦いがあるという事実を真剣に語って下さった方も。又挫折から這い上がった人もいた。演奏家である前に人間だということから来る迷いなどなど。

勿論成功者も大勢出て下さったが、一般市民の方々も趣味で音楽している人も、単に音楽家の応援者と言い切る人も、、、、。

ある方は苦悩し、ある方は情熱を持って、ある方は未来への期待に目を輝かせ、ある方は、、、ある方は、、、。。。。これまでざっと見積もっても1、000人ほどの方とお話ししている勘定になる。

一番ラッキーだったのは、ワタクシ。全てが自分の血となり肉となり~~ちょいと肉の方が多かったか。な~んてね。

 

今宵のNHKではコロナ騒動のため、あるイタリア人のテノール歌手が自分のマンションの上階から有名なアリアを力を込めて歌っていた。しかし、夥しい死体を見ている内に一時期歌えなくなったという。最近ようやく色々解除になって初めてタキシードに身を包み「誰も寝てはならぬ」を熱唱していた。最後のビンチェロ~ビンチェ~~ロ~~が、彼の想いにリンクしていて涙が出た。そう、自分は勝つ。。。。

« トマト色づく。 | トップページ | 不思議なお話。 »