« 若気の至り、あるある。 | トップページ | あえて山に行く。 »

2020年5月22日 (金)

歴史の証人。

毎日のように起きている地震。今日のあるニュースでは数年以内に超大型の地震が日本を襲うという。コロナ騒動に続いてもっと怖いものが待ち受けているかもしれない。不安は人々をどんな方向に導いて行くのか?若者は刹那的になり、大人達は意気消沈の挙げ句絶望して生きるのか?う~ん、、、、唸るしかない。

今日のような快晴の空を見ても、嵐の前の静けさか?と疑心暗鬼。こういう不安から心底解放されたいと思っているのは私だけではないはず。みんな何某かの不安の中に漂っているに違いない。

こういう時施設から懸念していた母の症状を知らせてくれる。早速主治医の先生に連絡して来週月曜には診察をしてくれるということに。。。。不安材料がこうして又増えるという訳だ。生きることは大変だ。

 

とある歌手の大先生からメールが来て、年内の全てのコンサートが中止になったと無念の内容。さもありなん。海外のご家族も一応のご無事は確認できたらしいが、心配は尽きない。県外でも駄目なのに海外はもってのほかだという現状に苦しんでいる人の話は他にも聞く。母上の死亡にも帰国が叶わなかった人もいる。

 

もしや、私たちは今歴史の証人の如く生きているのかも。

 

 

« 若気の至り、あるある。 | トップページ | あえて山に行く。 »