« FM収録の日。 | トップページ | お通夜。 »

2018年12月21日 (金)

決着。ひとまず。

澱のような疲労感が身体にあるのを感じながら、本日は最終判断を仰ぐために病院へと出かける。予想通り若い医師は全ての検査の結果今のところ悪性のものは無いという判断。ようやく全身でホッとした。

そんな今日になって、あまり年齢の違わないYさんという男性が亡くなったという知らせ。シェイクスピアの会で大変お世話になった方だ。明日のお通夜には参加したいと思っている。体調が悪い中、ギリギリまで皆さんの面倒をみていた。
こうして次から次へと周辺の人々が去っていくなあ~、と思いつつ眠れぬ夜を過ごしていたが、深夜放送で関口某という映画監督の話がかかっていたのをつい聴いてしまった。これがめっぽう明るい口調で、アルツハイマーの母親のことも、自分の股関節手術のことも笑い飛ばして語るその口調が妙に晴れ晴れとして、、、、これはただ者ではないと思わされた。
「死」というものの現実を色々勉強もさせてもらった。「安楽死」と「鎮静死」というものがあるというのも、「自死幇助」というものとの区別も、、、。そこに本人の意志があるかどうかで大きく変わる選択肢。自分ならどうか、、、と考えさせられた。


« FM収録の日。 | トップページ | お通夜。 »