« 次から次へと。。。 | トップページ | 寄席。今日の場合。 »

2018年9月 8日 (土)

歌えるしあわせ。

次々と北海道の地震被害の全貌が明らかになってくる。矢張り相当な被害だ。ただ救いなのはこの季節だと言うこと。あの酷暑でもなく、いつもの真冬の雪の降る季節だったら、と思うと速く早くこの季節の間に色々復旧して欲しいもの。

しかし、こうなってくると、最早人々の中から先日の台風洪水被害など影が薄れている感じがする。当事者にすれば、不安がいや増すだろう。まだまだ困窮している人が沢山いるようだ。
それはそうと、最近テレビで専門家が話しているのを聞いてぞっとしたことがある。今回の北海道の地震はいわゆるプレートの上ではない。予想外の場所で発生しているようだ。ということは、原発のある場所は安全な筈だが、必ずしもそうではないということ。日本のプレートは相互に影響し合って、複雑な発生の仕方をするという。だから、どこに発生してもおかしくない、世界でも類を見ない地震王国なんだそうだ。
よくぞこんな地域にあれ程の沢山の原発を造ったもの!最近もんじゅの解体が始まったが、一つの施設を完全に消去するのに30年も掛かるという。
政治家に未来をしっかり見据える賢い人は居ないのか?
やはり人間は救いようがない動物なのか?世界を見渡しても、問題のある国のなんと多い事か!?特に宗教戦争はヒドイ。人類の幸福をもっとも実現してくれるはずの宗教が、ナント多くの人々を不幸に追いやっていることか!
これが人間の限界だとしたら、悲しい。
歌でも歌ってないとやってられない。今日はH先生宅で歌の練習だ。有り難い事。

« 次から次へと。。。 | トップページ | 寄席。今日の場合。 »