« 「多忙」は天からの授かり物? | トップページ | 秋。 »

2018年9月20日 (木)

焼酎が美味しい季節。

多忙な日々は秋風と友にやってきた。

今日も朝から走りっぱなし。車中で友人からある人の電話番号を教えて、と言われても、返事をする間もない。ようやく一度帰宅した時に名簿を持ち出して、車中で眼鏡をかけ直して打ったが、電話番号のみ。
昼は母に新しい施設の場所を認識して貰うために、一度我が家まで来てから移動して、「ここが今度の所よ。」と説明はしたが、はてさて、どこまで覚えてくれたかはなはだ疑問。
しかし、しばらくぶりの外食は殊の外美味しかったようだ。定食の殆ど全てを平らげて、昔話しをしきりに語る。
一度娘の家に立ち寄り、しばらく過ごした後今の施設に舞い戻ったが、道々話すことは台湾から引き揚げてきた当時の事。まるで昨日のことのように詳細に語る。特に、大きな船の下の船室で、ダニに体中を噛まれて泣き叫ぶこの時の赤ん坊だった私を必死で庇いながら守り連れ帰った事を。この話は何度も聞かされているが、その都度変化することなく、クッキリと覚えているのは凄いと思う。人間の記憶というのは、どういうメカニズムなのか?今話したことはすぐ忘れるというのに。。。
母は、そんな思いをして連れ帰ったお陰で今幸せだと言う。もしあんたが居なければ、とっくに死んでいただろうとも。まあ、そこまで思ってもらわなくても良いが、あのSさんのような境遇の人も居ることを思えば、確かに母はまだましな方だろうとは思う。
無事送り届けてから超特急で夕飯の準備をして、今度は街中のコミセンで練習中の楽団を表敬訪問。まだ暑くて、部屋はクーラーが良く効いている。そのつもりで、ズボン下を履き上着を持参しての参加だった。
今日が誕生日だという新演出家のMさんがやってきて、色々打ち合わせも出来たが、誰かとお祝いは?と聞くと、「それが無いんです~」なんぞと答える。ホントかどうかは知らないが、彼女も良い年齢になった。まだあどけない表情が残っているが、てきぱきとさばく姿を見ていると、熟してきているのを感じるなあ。別に年取ることは悪いことじゃない。これからうんと、魅力的な女性になって欲しいものだ。
帰り道、真っ暗になったレインボー通りを走っていると、今日はいつも気が付かなかった看板に目が行く。見たことも無かった面白いのがあったり、矢張り車が少ないと余裕が出るなあ。
10時頃に帰宅となったが流石に空腹を感じたので、行く前に用意していた物をがっつく。
焼酎片手に食べながらも、沢山のメールのやり取り。その中で、決まったこともあり、先延ばししたこともある。
良い事もそうでないことも一杯あった一日が終わる。

« 「多忙」は天からの授かり物? | トップページ | 秋。 »