« 一日が早い。 | トップページ | 忙しすぎる日々。 »

2018年9月13日 (木)

小さい秋がやってきた。

歌の勉強に二人。声とは不思議なもんだ。みんなそれぞれ色が違う。顔かたちが違うんだから当たり前かも知れないが、やっぱり不思議。これが個性なんだろうが、そこに留まっていられないのが声楽というものだろう。

その内お嬢が今夜はこっちでご飯と言ってくる。まあ、久し振りだったし、やっぱり孫べえと接触するのは無条件に嬉しい。
なんでも、足の裏に水疱が出来て、皮膚科に行って焼いてきたんだそうだ。「泣いた?」と聞くと絶対泣かなかったと言い張るが、どうやら泣いたのがホントらしい。まだ2年生だからなあ。
わいわい言いながらの夕飯はつい食が進む。
只今里帰り中のパパとテレビ電話するというので、少々慌てる。何でもかんでも写ってしまうからねえ。とはいうものの、あちらは、祖父母のお家で久し振りの水入らずの宴会をやっていて、何年もお顔を見ていなかったおじいさんおばあさんと、懐かしくお話しすることに。こういう事が出来るのも現代ならではのこと。
外は雨がしとしと降って、いよいよ秋の気配。
急に来たなあ~。

« 一日が早い。 | トップページ | 忙しすぎる日々。 »