« 驚きの被害。 | トップページ | 眠い。 »

2018年7月12日 (木)

73歳の同窓会。まだ行ける?

高校時代の同窓会の準備委員会第二回目が今宵14名の参加で行われた。4年に一度のお約束だったが、明らかに4年前とは迫力が違う。勿論、まだ話し合って物事を進める能力はそれほど衰えてはないと思うが、会話が時々途切れて、黙々と食事をする場面が何度も訪れる。女性陣はまだまだ華やかさは残っているように思うがどうだろう?

現役で仕事をしている男性はそれでもてきぱきと物事を具体的に進めてくれて助かる。本日は二次会の所まで話しが決まり、あとは案内状の印刷と発送。それは来月に一斉にやる。

前回は110名を越える参加者があったが、今度はそうは行かないだろうとの試算。近い人たちが病気だったり亡くなっていたりと、淋しい話題も出ている為だ。しかし、やるからには集まった人たちとひととき思いっきり楽しもうという算段だ。おそらくはお殆どの人が、これほど大変な準備をしているとは知らないんだろう。本番まで、自腹を切って何度も話し合いの場を設ける訳だ。楽しんでもいるが、チャンと真面目だ。

同窓生とは不思議な関係だ。ほんの短い間のお付きあいが、こうして半世紀以上の付き合いになる。しかも、こういう準備の流れで始めて知った人もいる。ただ同窓生というだけで、何か分からない親近感が湧く不思議。

傑作だったのは、全てが終わりさあ解散となってみんなが腰を浮かせた途端T氏の口から、「ああ、疲れた!」という声が自然に出た途端大爆笑。「アナタ、一体何したの?」と叫んでしまったアチクシ。いやはやいやはや。。。。そういう年になっちまった!

« 驚きの被害。 | トップページ | 眠い。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 73歳の同窓会。まだ行ける?:

« 驚きの被害。 | トップページ | 眠い。 »