« 予定は未定にして、、、。 | トップページ | あくびから始まる。。。。 »

2017年11月20日 (月)

三歩進んで二歩下がる。の巻。

この年齢にとって、ここんところのスケジュールは信じられない位のものだ。特に今日は参った。夜の練習に参加したが、最初は眠くて仕方がない。部屋が暖かいのもある。思考力も切れかけていて、、、、しかし、衣装合わせがあって、しかも今日は自分の出番の練習でもあるから、不参加はあり得ない。まあ、気力だけだなあ。

I会長が、日々疲れ切った、を連発していたのを思い出す。丁度同じ年齢だったけ。先生、今頃でごめんなさい。そのお気持ち良く分かります!ってところだ。

 

夫は明日からお仕事だそうで、既に馴らし運転もして準備万端。「お母さんがいないときはおでんでもしといてくれれば、、、、。」なんぞと、行き届いたご配慮。そのおでんの材料をお出かけの時買ってきて、メモるから、と言うと速攻で返事が返ってきた。「そんなこと出来る筈がない。行くだけで精一杯なんだから!」あら、さようで。と、病人には逆らうまいと素直に引き下がり自分で出かけて行ったが、ナント、夫は自分の為の買い物はちゃっかりしてきているじゃあないの!?どういうこと?ったく。

 

疲れたが、衣装は着々と進み、自分の方も90%は完成した。あと1着何とかすれば、、、、。とにかく、一歩ずつだ。

« 予定は未定にして、、、。 | トップページ | あくびから始まる。。。。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三歩進んで二歩下がる。の巻。:

« 予定は未定にして、、、。 | トップページ | あくびから始まる。。。。 »