« 頑張らなくっちゃ! | トップページ | 旅。その2。 »

2017年3月29日 (水)

旅。

旅と言えるほどのものではないが、それでも四泊五日は矢張り少々身に応える。我ながら驚いたのは、一日に出来ることの少なさだ。飛行機から電車に乗り換え徒歩たったの5分でホテル入り。にもかかわらず既に初日から疲れている。そもそも東京という街が疲れさせる。孫べえなんか、通路から歩行者道路に出た途端、前からどどど~っと押し寄せる人波に、「怖い!」としがみついてきたくらいだ。確かに、この感覚は田舎にはないものだ。

その孫べえと二人きりでイタリアンのお店に入り、向かい合って食事をしたとき、あの6歳はしみじみと言ったもんだ。「懐かしい~。このパスタの味も、このお店も全部懐かしい~。」そしてなおも、「大ちゃんねえ、香川と東京と交代で住みたいなあ~。小学校は東京でしょう!中学は香川。高校は又東京が良いなあ~。」だそうだ。やれやれ。思うのは勝手だわい。

結局この日は用事で出かけた母親に代わり、ホテルでチビ助相手に現代版独楽回しで遊び、母親が帰ってきてお風呂でお終い。何てこと!行く前は、短歌の締め切りに間に合わせようと、宛名を書いた封筒を持参していたにもかかわらず、一首も詠めないばかりか、何もしないで爆睡。

翌日はかろうじて、予め予定していた「ミュシャ展」に友人と待ち合わせて出かける。たまたま同じ新国立美術館で、「草間彌生展」もやっていて、娘親子はそっちに入る。ミュシャはまだ孫べえには早すぎる。丁度良いものがあったことだ。親子はいたく感動して、芸術は爆発だ!と叫んでいたが、おそらくはそういう作品だったことだろう。

この日も、自分の為にしたことはそれのみ。あとは又又劇団の練習に招待されたと出かけた母親に代わりこもり。「今日何曜日?」と聞いたと思ったら、「みっちゃん、今日の晩ご飯はね、スーパーでお寿司買ってお部屋で食べるんだよ。」とのたまう。なんでも見たいテレビ番組があるんだそうだ。おおせの通り出かけて行って、こっちはビールを買うことも忘れない。ちょいと迷ったが、レストランで食べることを考えたら安く上がるとばかり、某有名料理屋のお弁当1,200円なりを購入。これは美味しくてヒット。、、、てなことで、この日も以上終わり。この時点で短歌は提出を断念。

全く信じられない。東京に来て、この動き方は何?

そして翌日、早々に寝ている二人を起こさないように気遣いながら部屋を出て、今度は水戸まで移動。上野を出発するのに30分あり、モーニングを食べる。そして、間もなく水戸に着くと言う段になって,眼鏡が無い!あっちゃ~。又しても紛失か?と焦った焦った。が、ホテルでじっくりバッグを改めると底の底に隠れていた。後から、偕楽園を散歩しながら息子に電車の車窓からも梅がキレイだっただろう?と言われ、実は眼鏡を探すのに必死で見てない、と言ってはバカにされた。

この偕楽園。以前来たときには母も一緒で、それほど沢山歩かなかったと思うが、今回は歩いた。ブラタモリで紹介された孟宗竹の竹林もその素晴らしさに写真に収める。好文亭は昔のエライ人やその奥方の休憩所だったり、名前の通り文筆家や文化人の集う場所でもあったようで、詩歌を詠む場所もあった。ただ、つくずく不思議だったのは、何しろ天井は低いし、廊下は狭い、階段は急で、昔の人はみんな小柄だった事を伺わせる造り。ただ、下で造ったお料理を上まで運ぶ仕掛けがあったり、随所に知惠が見られる。現代人とさして変わらない知惠者、というか昔の人の方がある意味人生を楽しむ術を知っていたような気がする。

ま、今日はこれくらいにしとこ。

« 頑張らなくっちゃ! | トップページ | 旅。その2。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旅。:

« 頑張らなくっちゃ! | トップページ | 旅。その2。 »