« 3月だなあ~。 | トップページ | 一日、一日。 »

2017年3月 5日 (日)

CMの功罪。

今回の風邪は一応の診断はインフルエンザだったが、さりとて、予防接種のお陰か高熱も一日のみ。所謂タミフルのような薬も飲まず、総合感冒剤をずっと飲み続けている状態。にしては、身体がだるく、たださえ重い肉体が、さらに重く感じられ、軽々と動く気分もならない。、、、、こんな中で、今日は素晴らしい好天。この機会を逃すと又又出来なくなるとばかり、布団を干したり、ベッドメーキングをすっかり遣り変えたり、大物の洗濯をしたりと少々動き過ぎたか。夕食の後はさっぱり使いものにならず、テレビの前でグズグズグズ。只今午前一時という時間になってようやくキーボードを打つ気になった。

明日の午後は歌会。長時間、体力的に持つだろうか?ちと心配。

心配なのは母親だ。所謂ノロウイルス発生のため、見舞いにも行けない。電話も何故か繋がらず、かなり心配。いきなりこういう風に断ち切られるとは。。。。今度会ったら、どちら様?とか言われないだろうねえ。

 

こうしていつもよりテレビを見る機会が増えているわけだが、近頃のコマーシャルの面白さに感心しきり。「デビュー婦人、、、」「勝手に名前呼ばないで!」なんて~のは、お気に入り。フフフ。

そこで考えたのだが、時にこのCMが非常にうるさく感じられるのは何故だろう?かくも手の込んだ、愉快なCM。幾つ見ても見飽きない位の物だが、時として非常に気に障るのは何故だろう???

独断と偏見で言うと、結局本編の面白さに寄るのではないか?と思う。例えば、非常に面白いドラマや映画の間に、如何に力作のCMが入ってもそれは邪魔には成らず、所謂トイレタイム、くらいにしか感じられない。が、本編が余り面白くないものだと、CMのほうが立ってしまって、さっきまで見ていた本編への思考が切断されてしまうのだ。、、、いや、時には双方が喧嘩してしまっている場合もあるような気もする。

映画館で、仮に1本でもCMが間に入ることを考えると、それは絶対にあってはならないことだと思える。テレビの場合は、殆ど諦めの状態。一度数えたら、14,5本のCMが間に入るドラマがあった。これだけ集中を阻害されて、尚かつ元の状態に戻るのは難しい。結局テレビでは表現に限界がアルということだ。制作者も出演者も、視聴者もそれを当然のこととして、受け入れているのだ。

おそらくは、NHKを羨ましく思って居る制作者は大勢いることだろう。それでも以前NHKのディレクターと話したとき、丁度冬ソナ大ブームの時で、そのことを話題にすると、自社製作ではありませんから、、、と悔しそうに語っておられたのが印象的だった。結局そこにはそこの苦悩があるということなんだろう。

 

そういえば、長いこと映画館に行けてないなあ~。

« 3月だなあ~。 | トップページ | 一日、一日。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CMの功罪。:

« 3月だなあ~。 | トップページ | 一日、一日。 »