« 冬? | トップページ | ユーモアのセンス。 »

2017年1月27日 (金)

遂に来た冬。

今朝は冷たいなあと思っていたら我が家の洗濯機がおそらく水の凍結で使用不可となってしまった。午後になってようやく回り始めたが、こんなことも珍しい。暖かい冬だと思っていたが、急にやって来た冬将軍。来たら来たでお手柔らかにと思う身勝手さ。我ながら呆れる。

途端にカーブスに行く元気もなくなり、家に引きこもり。

とはいえ、アルト一人、ソプラノ二人と歌の練習は何とか出来た。二階のピアノルームは南向きで我が家で一番太陽の恩恵を被る部屋だ。それでもエアコン、電気絨毯は必需品だった。

主に合唱をやって来ている人たちは、どうもちぇちの練習会場での立ち位置がソリストのそれとは違いすぎるのが気になっている。みんな性格が温厚というのもアルかも知れないが、舞台はそんなこと言ってられない筈。我が家で出しているような声を是非練習会場でも使って欲しい。ともすれば誰かが歌うだろうという他人任せの声の出し方。これを何とかしたい。間違えても良いから自分の足で立って欲しい。そのための練習だ。

故I先生が良く言われていたことだが、「日本の合唱は、周辺の人と同じように声を出すことにばかり捕らわれすぎている。一人一人が個性を大切にしっかりと歌えることが大事だ。」「ソロが歌える人が合唱を歌っているのが理想。」

この理念に従ってこれまでやって来ているが、まだまだ理解出来てない人も居る。今回選択した曲はまさしく個人が大切だ。その意味で良い練習になるだろう。

練習会場では、堂々と間違えば良いのだ。

« 冬? | トップページ | ユーモアのセンス。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遂に来た冬。:

« 冬? | トップページ | ユーモアのセンス。 »