« 夕べはホントに涼しかった。 | トップページ | 爽やかな風が吹く。 »

2016年8月30日 (火)

有り難うのこころ。

どうもスッキリしないこの体。今日も病院で新たな投薬を受ける。しかしなあ、薬の副作用で便秘になり、それを緩和するために又薬。頂いた薬の効能書きを見ると恐ろしい言葉が並んでいる。こんなものを飲まなきゃ,治らないのか?実際。咳を止めるためには大根と蜂蜜が良いと夕べ聞き、蜂蜜はあるが大根の無いことに今気付く。、、いつもこれ。

外気は急に温度が下がり、健康な体なら、この空気を満喫出来るんだろうに、外で息をしようもんなら咳き込んで咳き込んで。。。チライ。

それでも一応仕事もし、短歌の選歌の原稿も送ったが、これは校正だらけ。頭がぼ~っとしているせいにしとこ。「忙し過ぎるのよ」とやって来た義妹に言われる。ちょうど手帳に書き込むことがありそれを覗いて「わ~、そんなことしたら、私は死ぬわ」と仰る。これでも随分減ったと思っているんだが、、、。

朝日新聞のなかに「朝日歌壇」という頁がある。短歌を遣っていると言いつつ不埒なことに、ここを覗いたことは今まで余り無かった。罰が当たったと言うべきか。半年間、ここをしっかり読んだ上で、良いと思う歌を一ヶ月分の中から10首に絞り、コメントを付けなくてはならない。読んで理解して解釈して、振り分ける。私にとっては確かにこれ以上の勉強法は今のところ見あたらない。うすうすとは知っていたが、ここにはアメリカの刑務所からの投稿や、国内でも獄中からや、ホームレスという人も出していて、これがなかなかに良い歌が多い。矢張り集中し易い環境と、人生を考えるに相応しい状況なんだろう。中には明らかに若い人のモノもあり、これほど違うかという感性の違いを見せている。ま、あと4回。ガンバロウ。

 

気分的にも追い詰められている。11月にゲスト団体としてちぇちが出演するが、それの段取りその他。12月にサロンコンサートをするが、各人勝手に歌う、ではなく、企画モノを遣ると決まったからさあ大変。会長からのお達しで、候補曲は出たが、それを誰が歌い、楽譜を誰が準備するのか。などなど。事務局長は退いたモノの、これらに全く無関心というわけにはいかない。みんなで協力してやるべきなんだ。

その二つのコンサートの間にCantiamoがある。こちらは当番が当たっている。

 

こうした本番があるからこそ日頃歌っていられるのだろうが、ムムム。

昨夜の練習時には友人からお寿司の差し入れがあり、何時もながら鬼無という遠くまで持って来てくれるのに感謝。応援団長のつもりなんだろう,彼女は。同年、相哀れむで、お互いトシを感じるよねえ、と話した後のことだった。無事帰ってくれたこととは思うが、、、。

定時に集まれない人が多く、少人数ながらも、いつものようにT先生の発声練習は濃い内容で行われた。どうしてあんなにエネルギーが持続できるのか、不思議な方だ。私たちを非常に可愛がってくれているのもよく分かる。県外にお出かけしてお帰りになってすぐだったにもかかわらず、、、。こうした人々の支えがあって私たちは歌っていられる。。。。有り難い事。

« 夕べはホントに涼しかった。 | トップページ | 爽やかな風が吹く。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 有り難うのこころ。:

« 夕べはホントに涼しかった。 | トップページ | 爽やかな風が吹く。 »