« ○○とハサミは使いよう。。。 | トップページ | ワインが廻ってきた。。。 »

2016年5月14日 (土)

チョット休もう。

朝からバタバタの今日は、何とか疲れを癒やしたいと夫の留守を幸いに、夕方になって娘親子と温泉に行く。が、これが独りで行くのと違って、ゆっくりは出来ない。まあ、多少の疲れは取れた感はあるが、、、。で、早々に引き揚げてとにかく横になってテレビをぼ~っと見ている。

ホントはやることはある。作りかけの短歌がチラチラと頭をかすめるし、覚えかけの歌が時々目の前を耳の中をす~っと通り過ぎる。テーブルには、昼間母と叔母と一緒に飲んだお茶の後片付けさえして無くて、それを横目で見ながら、それでも横になってだらだら。

ケーブルテレビがふる~い映画をやっていて、以前見たにもかかわらずぼ~っと見ている。

ふと、そういえば昨日ここに書かずに眠気に負けて寝てしまったと思いだし、コマーシャルの合間にパソコンに向かっている。

 

昨日は、シェイクスピアを観る会のお食事会だった。「12人の怒れる人々」、ではなく、「12人のいかした文学中年」の集まりだ。特に文学を論じる訳ではなくとも、根底にその共通の素地がある心地よさ。2時間ほどが美味しい食事と共に楽しく過ぎた。、、、こういう時、こうした仲間を持つというささやかな幸せを感じる。いや、もしかしたらささやかではないかも知れない。世の中には、こういう人間関係を持ちたくとも持てない人が多いのではないか。その意味では、おおいなる幸せと言えるかも知れない。それもこれも、元はと言えば、I先生のお陰だ。大学という場所に、一般の人々が集える場所を作ってくれた。そして、大元を言えば、シェイクスピアという偉大な人がこの世に存在したことだろう。

つい先頃亡くなった蜷川幸雄、この人も、シェイクスピアの恩恵を生涯に於いて受け続けた人だったと思う。演出家らしからぬ社会の取扱のこの人の死ではあるが、故人は棺の中で、「エライのはシェイクスピアですよ。」と言ってるかも知れない。I先生がそうだったように。

 

今観賞しているのは、「十二夜」だが、随分前、高畑敦子が演じたのを高松で見たのが思い出される。あれはホントに面白かった。記憶に残る演技だった。

 

さあ、寝よ。明日も忙しい。

« ○○とハサミは使いよう。。。 | トップページ | ワインが廻ってきた。。。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チョット休もう。:

« ○○とハサミは使いよう。。。 | トップページ | ワインが廻ってきた。。。 »