« ある愛のかたち。 | トップページ | 母の誕生日。 »

2016年3月15日 (火)

施設訪問。

かねてからの要請を受けて、今日はS荘という老人ホームでシャンソン教室の仲間達が歌わせて頂いた。総勢8名ほどで演歌が殆ど。シャンソンはフランスの歌謡曲で、ここは日本ですから日本の歌謡曲を歌います、と言うと拍手が湧いた。矢張り、施設の司会者もシャンソンと言うとき噛んでいたくらいで、馴染みがない言葉なんだろう。自分的には人前で演歌を歌うということが余りに少ないので、内心どうなることかとヒヤヒヤモノだったが、暖かい拍手に助けられた。「津軽海峡冬景色」。体調不良はまだ引きずっていてずっと司会をしているとどんどん声が出なくなっていたがその点マイクというのは有り難い。ナントかカントカ歌えたか。

参加者の中には芸達者がいて、「矢切の渡し」を歌う傍ら、ショールを手ぬぐい代わりにしてしなを作り、踊るような、うごめくような面白い振りをしてはみんなを笑わせた。、、、みんなが一生懸命舞台を務める姿勢も好感を持たれたのではないか。

ここS荘という施設は非常に清潔感のある、立派な所で、ホールもちゃんと舞台がありピアノなんかも置いてある。職員も他と比べると多いのではないか?今日は大勢の利用者が観客として整然と椅子に座り、車椅子に座る人もしっかり前を向いてとても興味を示してくれ、非常にやりやすい所だった。特に歌好きな人達は前列に陣取っていて、しっかり拍手をくれたり声をかけてくれる。最後は「ふるさと」を3番まで歌ったが、一番はモチロン全員で歌い、2,3番になってマイクを回すとちゃんと歌詞を覚えていて唱和してくれたのには驚いた。こっちの面々はうろ覚えの歌詞をカラオケボックスの画面に助けられながらだというのに、、、、。全員で頭を下げたその頭上に、「有り難う、又きてな~」というかけ声が降り注いだのには感動した。帰りに出会った人からも、「楽しかった~、涙がでたわ~」と言われたのにはこちらの方が胸が熱くなった。

実は自分たちと余り年齢が変わらなさそうな人達を前に、健常者然として舞台に上がる自体、何とも落ち着かないものがある。が、そこを切り替えて、予めみんなの意識統一をしておいた。「とにかく何とか精一杯、楽しんで頂く事のみを目的に、、、」

朝から降っていた雨も上がり、車を出した時には疲れがピーク。同乗の二人を誘ってとりあえずお茶をしようとなる。ホットケーキにソフトクリームの乗ったなんたらいうのが、殊の外美味しく感じられた。一人は「あんこ、あんこ」と連発して、たっぷりのあんこトーストを食べる。みんな、疲れたんだ。

 

その後、石民に借りていた鏡を返すことを思いつき、ついでにTさんをその近くまで送ることにしたが、道中月曜休館日じゃないかと思いだし、、、、でももうここまで来たから何とかしようと現地まで行く。案の定、上はチェーンで仕切られているし、下の駐車場に行ってもポストすらない。仕方なくあの階段を上がって置けるところを探して又必死で息が上がるのを感じながら下りて行くと、Tさんがあまりの速さに驚いたと言ってくれる。ま、少々運動しなくっちゃと思っていた所だったから、良かったかも知れない。

 

なんだかねえ。後始末がまだ出来てないんだけどねえ。

今日はここまで。これ以上は無理。さっき舌を噛んだしねえ~。寝ることにしよう。

« ある愛のかたち。 | トップページ | 母の誕生日。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 施設訪問。:

« ある愛のかたち。 | トップページ | 母の誕生日。 »