« Cantimo. | トップページ | 祈る、の、こころ。。。 »

2016年3月 7日 (月)

歌会。

これでもケッコウ長く席を置かせて貰っている短歌の世界。ただただ長いだけで、自分でナットクできる歌はさっぱり歌えないという点では、声楽も同じかも知れない。どちらも奥行きが深く、行けども行けども届かない竜宮城か。亀の背中に乗って、なんとなく大海の中を浮遊しているが、しわせ~な気分まではなかなか到達しないなあ~。

が、この浮遊感も捨てた物ではない。

特に今日の歌会のように、参加者の中には既に到達点におられる方もいる中で、その素晴らしい感性に触れ、ちょっぴり文学に触れた感じがしたり、別の詠み人の心の奥底までが推し量れて感心させられたり、、、、ある時は突拍子もない憶測で会場が笑いの渦と化したり、終始和やかに、しかし真面目に、真剣に、時の過ぎるのに身を任せていると、ある種の浮遊感に心地よさを覚えるのだ。

 

唐突に、いつかの誰かの言葉を思い出す。「本の中には全ての人生相談の答えが書かれてある。」とは真実のような気がする。悩める若者よ、本を読め、と私も言いたい。近頃の所謂ノウハウ本ではなく、文学に触れる事だろう。ノウハウ本にはこうしなさい、ああしなさいと具体的な事が書かれてあっても、その通り実行するのはなかなかに難しい。が、文学はそのノウハウを見つける力を付けてくれる。答えではなく、導き出す力を付けてくれると思うのだ。

そして、一人で読んで一人で完結するのも良いが、歌会のような場所で、感動した物を発表すると、他人に一度渡したものが反響として帰ってくるわけで、まあ言わば反芻している様なもので、意味があるんだと思う。以前は、友人とよく人生観を話し合ったものだが、最近はあまりそういう機会が無い。その意味でも、こういう集まりは有意義なものだ。

わが同窓生にこの歌会のメンバーがいて、非常な読書家でもある。これほど読む人もあまり居ないだろう。必然的に、らしい生き方をしているように見える。これほどに潔く生きられたら、、、、と憧れる。

 

いつか、自分でも良い歌だと、自認できる歌が詠める日が来るんだろうか。。。。一生勉強だなあ。

« Cantimo. | トップページ | 祈る、の、こころ。。。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歌会。:

« Cantimo. | トップページ | 祈る、の、こころ。。。 »