« が~んば~ろう~~。 | トップページ | 成長のお話し。 »

2015年6月21日 (日)

谷川俊太郎からスイカ大福まで。

オンデマンドで別の項目を探していて、見損なったアサイチに行き当たる。いつだったか谷川俊太郎がゲストに出ていて、生の詩人の姿が見られると思ったとき来客で見逃したものだった。

改めて見てみると矢張り面白い。「言葉は嫌いだ」を連発。「真実は言葉では語れない」とも。確かに聞いていると言葉は面白い選択をする人ではあるが、言葉を越えたところで喋っているという感覚がぬぐえない。86歳のようだが、流石にしっかりしているし、相手の言葉に正確に反応する。こういう風に年取りたいなあ~と思った。

21歳で文壇デビュー。しかもそのタイトルが「二十億光年の孤独」という素晴らしさ。それを書いた頃の自分を冷静に分析するあたり、年齢と共に進化し続けて居る人なんだと思った。日本にも凄い人が一杯居るなあ。

 

FBに「イチゴ大福」ならぬ、「スイカ大福」が非常に美味、と出ていたので母を連れて出かけてみた。長い待ち時間を想像して出かけたが、要領が良くなっていてすいすいと買うことが出来た。残りはあと1パックだったが、何故かパッケージに「父の日のために」と書いてある。4個入っていたので、ランチの後、母と1個ずつ食べてみる。確かにミスマッチのようでマッチしている不思議な食べ物。母も美味しいと言いながら、ゆっくり完食。我が家には現在同じ大栄スイカが冷蔵庫を占拠しているにもかかわらず、期間限定に弱いアチクシなんだ。

で、夜になって残った2個を何とか夫に食べさせようとしたが、夕食を完食して、こちらがお嬢と電話中にアイスクリームまで食べてしまった夫は、完全拒否。「父の日じゃなく、乳の日にしたら!?」なんぞと怪しい台詞を吐いて逃亡。、、、ムムム。もったいない。こりゃあ、食べるしかない。。。。が、やっぱり1個しか入らない。残る1個は、明日の朝だ。、、、って、良いのかしら?賞味期限。(そっち!)

 

さあ、明日は忙しいぞ~。アサイチでお芝居の座席指定を取りに行き、不在票の入って居たものを郵便局に取りに行き、その足でシェイクスピア。そのあとダッシュでとあるところにランチ。引き続きシャンソン教室、終了後は10分の間に病院の検査結果を貰いに行く予定。そして叔母がくれるというダンスショーのチケットを頂きに行き、急ぎ帰宅して夕餉の支度。7時にはちぇちの練習会場だ。終わったら、楽譜の最終打ち合わせ。、、、、、、一日一個のつもりが、、、。は~っ。

« が~んば~ろう~~。 | トップページ | 成長のお話し。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 谷川俊太郎からスイカ大福まで。:

« が~んば~ろう~~。 | トップページ | 成長のお話し。 »