« ちょいと暖かい日。 | トップページ | 病気と仲良くやっていこうか。 »

2015年1月 8日 (木)

力のある女性。

今日が既に8日だというのを、早いと思うか遅いと思うか、、、。時の感じ方は人それぞれだ。殆どの職場はおそらく通常営業だろうし、学校も始まっている。時の過ぎ方も普通になってきているのだろう。が、なんだか自分一人流れに乗れてないような気が、、、。いや、色々始まってはいるんだが、、、やるべき事もやっているし、、、、鏡開きにおぜんざいをしようか、なんぞとも考えて居る自分がいる。にもかかわらず「時」に置いてけぼりにされているような、、、変な気分から抜け出せない。

この妙な気分は、考えてみれば大昔から合ったような気が。もしかしたら子供の頃から。

この気分を突き詰めていけば文学が生まれるのかも知れない、、などと、ボンヤリ考えながらテレビのチャンネルをまさぐっていると、思いがけず面白い番組に出会った。

とても有名な女性イラストレーターの生涯をドラマ化したもの。この女性を知らなかったが、知らないことが恥ずかしくなるような面白い人だった。そもそもイラストは消しゴムの版画によって描かれているから、版画家と呼ぶんだろうか。そして、その版画はただの版画ではなく、テレビを賑わしている人物の似顔絵で、それにことごとくコラムがついていることから、コラムニストとしての方が名を馳せていたのかも知れない。歯に衣着せぬ痛快なまでの批評は的を得ていて、ただ面白いだけでない奥行きを感じる。40歳で亡くなったというのがとても惜しまれる人だが、この番組自体がまるで彼女が制作したかのような作られ方をしていて、そこが又非常に面白かった。彼女の言葉として、「NHKの限界を見た」と締めくくっている所なんか、おお、この局にも行けてる人が出て来たなあ~と思わせた。最後に後ろ向きの自画像がチラッとこちらを見て、「けっ!」と言ってるの図は、今の世の中全体に「けっ!」と言いながら去って行った彼女そのもののようだった。

彼女、ナンシー関。知らなくてゴメン。

« ちょいと暖かい日。 | トップページ | 病気と仲良くやっていこうか。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 力のある女性。:

« ちょいと暖かい日。 | トップページ | 病気と仲良くやっていこうか。 »