« 何事も終わりが来るもんだ。 | トップページ | おお、さぶっ! »

2014年11月13日 (木)

楽しい事も不安なことも、、、。

やたらめったら疲れている。

矢張り、年齢と共に疲れはアトからやってくるもののようだ。

夫が飲み会だと知らず、今日に限って新鮮な刺身を買い求めていたのを、無理矢理ちぇちの練習から帰宅して食べたから、すぐ寝るのもねえ、、、。

刺身と言えば、先日友人を乗せて徳島に行く途中で、通り過ぎてからヤッパリ行こうとなって引き返し、あの有名な「び○び屋」に行った。魚全般が苦手なはずのアチクシが、まあ食べる食べる。ホテルの朝がバイキングで食べ過ぎたわねえと言いながらの道中だったので、刺身定食一人前と、タコ酢とヒラメの唐揚げを注文。すべてが美味しい。ぷりっぷりの刺身に舌鼓を打ちつつ、こりっこりのワカメをむしゃむしゃ。ご飯も美味しく、3人で分けながら食べたがそれで充分だった。唐揚げなんか、Kが「これ良い?」と聞いたと思うと、残っていた骨しかないようなのを、まあバリバリバリとしゃぶっている。お皿には殆ど残らず、「私たちって,凄いわねえ~」とゲラゲラゲラ。大大満足の姦し娘ではあった。

同窓会の流れで学生時代に返ったようにはしゃぎながらのここ何日かは、久しぶりに楽しかった。お互い変わったような、変わってないような、、、。しかし、友人というのも不思議な関係だ。KとAと私は高校1年のクラスの出席番号1,2,3だったというだけ。前から後ろの席に振り返って3人が話すようになってからの関係だから、全く運命的。もし、席順が出席番号順で無かったら、もし、出席番号が違っていたら、ここまでの付き合いになったかどうか、、、。いや、全く、不思議。「学校」という箱の中で、それぞれの運命が作られていくなんて、、、。

 

今日はちょいと考えさせられる内容の記事に出会った。東京に住んでいる人はなるだけ西へ西へと移住せよ、というものだ。特に子供を持つ人、妊娠中の人、、、、とある。その訳は勿論アレだ。

一番に頭に浮かんだのが、俵万智のあの歌だ。

「子を連れて西へ西へと逃げて行く愚かな母と言うならば言え」

KもAも私も間もなく古稀を迎える年齢。二人とも東京に住み、この不安な状況下で何らかのストレスを抱えて生きて居るようだ。そりゃあ、こちらと東京は違うだろう。温度差があるに違いない。彼女たちには同情を禁じ得ない。、、と同時に我が家のお嬢とその家族のことも引っかかる。水戸の息子の方がまだ現場に近いとも言える。その意味では、日本中に心配の胞子が散らばっているということだろう。、、、全く、なんということが起きてしまったのか!改めて残念で仕方がない。

とにかくず~っと風邪っぴきの様子のお嬢達。咳が止まっては又出るを繰り返している。まさかねえ。

« 何事も終わりが来るもんだ。 | トップページ | おお、さぶっ! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 楽しい事も不安なことも、、、。:

« 何事も終わりが来るもんだ。 | トップページ | おお、さぶっ! »