« チョイとした悩み。 | トップページ | ある時は交通公社。ある時は便利屋? »

2014年9月18日 (木)

愚者の贈り物。

たまたま夕食の買い物に母を連れ出しぶらぶらと散歩中、怪しげな「まつたけ」のコーナーにさしかかった。臭いを嗅いでみるとこれが意外にプンプン香るので、このところ身体の異変で心身穏やかならない夫の為に1パック買うこととした。夫の幼少のみぎりは、実家の持ち山から、それこそ山ほども取れたという日本松茸が、未だに忘れられずこの季節が来ると欲しがるのを思い出した次第。何でも当時は松茸の辛子漬けまでしていたらしい。なんという贅沢な時代。

小さくてころんと白く、まあ形は日本のそれと同じだが何となく積極的になれないで、今まで買わずにいたのだが、昨日今日と県外まで仕事で出かけているし、ま、試しに買ってみたら?との母のお薦めもあって購入と相成った。

ところが、遅めに帰宅した夫から、いつもの「疲れた」の後に、「お母さんをビックリさせようとこれ買ってきた!」と差し出された袋には、にゃ、にゃんとこちらは立派な正真正銘の「松茸」が入って居る。えええ~~~っ?と、当然の反応。それならそうとメール位してきてよ!となる。ビックリじゃなくて、怒らせようと買ってきたみたい、、、をグッとこらえて、「しょうがないから今日は思いっきり食べよう。」と潔く料理に掛かる。

お陰で本日は期せずして我が家は松茸三昧。松茸のお吸い物は勿論、今日ばかりは焼き松茸までして堪能。旦那様のお膳にはお刺身までお付けして、、、、今日ばかりは夫をして、「極楽極楽」と言わしめた本日の献立ではあった。ふ~っ。

かのオーヘンリーの「賢者の贈り物」ならぬ、愚者の贈り物だったという次第。

« チョイとした悩み。 | トップページ | ある時は交通公社。ある時は便利屋? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愚者の贈り物。:

« チョイとした悩み。 | トップページ | ある時は交通公社。ある時は便利屋? »