« 晴天は人を動かす。 | トップページ | ブログの効用。 »

2014年5月 5日 (月)

FBの情報に惹かれて。

本日も晴天なり~~てことで、珍しく吾が夫婦二人とも予定無し。完全に無いという訳でもないが、ま、横にのけておけることだったので、お互い歩み寄って一緒に出かけることとした。

コースはまず徳島のおそば屋さん。そこから山を越えて温泉へ。そして塩江美術館に廻ってから帰宅、というものだったが、なかなか良かった。行く前からのお約束。「助手席で眠らない。」を守るのは大変だったが、さりとて運転させても貰えないのだ。ま、たまには景色を見ながらも良いかと夫の不思議な運転に身を任せることに。ナニが不思議か。やたらブレーキが多い。気分次第でスロースロースロー。慎重なのかなんなのか。といってもあちらさんはこっちの運転で行くのは嫌らしい。お互いさまか。

おそば屋さんは大入り満員の盛況で、携帯電話を告げておき、呼び出しがあるまでその辺で遊べというもの。結局4㎞ほど離れた道の駅で時間つぶし。ようやく呼ばれてありつけたが、おそばにそれほど執着のないアチクシは、そばがきまんじゅうの入ったぜんざいが非常に美味で、それだけで来た甲斐があったと思う。リピートありだねえ。

実は山越えにこだわったというのも、先日夫が偶然見つけて採ってきた山野草、友人が教えてくれたが雪餅草というものを、再びゲットしたいが為。道の駅にもあるにはあったがしょぼいのばかりで、こないだのような立派なものがほしかったのだ。しかし、いけどもいけどもありそうにない。諦めかけたところに花は付いてないが、茎と葉っぱはあれだと思い当たるものを発見。一本ゲット。家に帰って植えていたが、はてさて育つかどうか、、、。

で、おそば屋さんで待ち時間にFBを覗いていて、塩江美術館で今面白いものを遣っているとの情報をゲット。チラリと夫に告げると行って見ようということになり温泉からの帰りに立ち寄ってみる。二人ともシニア無料で申し訳ないなあ~、と言いながら。

行って見ると意外に車が多い。まあ連休だからねえ。ここではちぇちもよくコンサートをさせて頂いた。なんとも懐かしい場所だった。

常設展示を覗いてから、本命の扉を開けて驚いた。今まで見たこともないような、彫刻のような胸像が並んでいる。一体一体がもの凄い存在感。リアリティで迫ってくる。女性の像には思わず愛おしみたい衝動に駆られる。夫は顔見知りの職員と話し込んでいるので、一人ゆっくり見て回り、ある胸像の前でしばらく眺めていたら声をかけられる。この人が作家で私が今見ていたのは彼の父上のものらしい。ず~っと離れて暮らしていて、父上が亡くなられる直前に看病されたようだ。初めて親子の濃密な時間を過ごしました、とおっしゃる。全て陶芸、焼き物だとわかり改めて面白い作品だと思った。その上わが息子と同年代のこの若者は以前仏師になりたかったという話を聞いて、なんだかナットク。醸し出す作品の空気感が非常に透明で、これはナニ?と思わせたから。

二人の会話の中に若い客の一人が加わってきて、「焼き上がりが思ってたのと違うということは無いですか?」と問われ、その人の質問の趣旨は、がっかりすることはないか?というものだったが、どうやらそれは無いらしい。「自分が思ったもの以上の物が加わっていると思います。」という返事を聞いていて、その実力と、人間の限界を知る人の言葉だと感じ入った。見た目は若者だが、中身は老成しているなあ。

やがて話に加わってきた夫ともども話題が出身地のこととなり、彼が東北で震災に遭い、いろんな過程を経て結果的に讃岐に住むこととなったことが分かる。いやあ、大歓迎だ。こういう人が近くに住んでくれるなんて、有り難いようなもんだ。又お会いしてお話を聞かせて頂く約束をして別れたが、笑顔の向こうに相当な人生の苦難を越えてきた人の何とも言えない色が見えた。新しいスタートに拍手を送りたい。

 

FBの情報とは、凄いもんだ。勿論、その発信源を信頼すればの話しだが。

« 晴天は人を動かす。 | トップページ | ブログの効用。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: FBの情報に惹かれて。:

« 晴天は人を動かす。 | トップページ | ブログの効用。 »