« FBの情報に惹かれて。 | トップページ | 新しい病院。 »

2014年5月 5日 (月)

ブログの効用。

このしょうもないブログのようなものを、色んな人が覗いていてくれるらしいことを今日も教えてもらった。その人は入院中で、日々退屈を持て余し、退屈しのぎにここを覗いているようだ。いやあ、そんな効用があったとは。ねえ~。

確かに全く知らない人の文章よりも、顔を思い浮かべながら想像を膨らませる方が数段面白いだろう。へえ、あの人こんなこと考えてるの!?とか、美味しい物食べるのが好きな結果の体型だったのか、とか思いながらだとさぞや愉快だろう。ま、公開型の日記とはそれは最初からの織り込み済みのお約束事。

考えてみると不思議なことだ。特定の人にあてて書くわけでもなく、誰かの反応を気にしているわけでもない。読まれても読まれなくても良い、というスタンスで好きなことを書いているだけだが、自分としては自分のためであったり(生活の反芻から思考が深まる)、時々はちぇちの団体の為であったりもする(このページの更新が、実はネット上で検索に掛かりやすいことに繋がる)。

がしかし、何事にも限界がアル。本当に100%表現できているかと言われれば、答えはNOだ。でもそれは例えば短歌や俳句、詩、やエッセイなどに於いても100%赤裸々は無いと思う。いや、近頃の若者は違うのかも知れないが、、、。いずれにしても、例えそれが自分の一部であったとしても自分であることには変わりない。。。。ただ実際どれほどの人に読まれているかなんてこと、考えた途端ナニも書けなくなってしまうだろう。知らぬが仏。

 

さて、今日は最近歌を始めたばかりの男性の練習に付き合って、ついつい興が乗り過ぎて3時間以上もピアニストのお宅にお邪魔してしまった。こうして付き合って下さるM様には頭が下がる。殆ど毎回焼いて下さるケーキにもありつき、雨上がりの美しいお庭の花を眺めながら退散したが、全くホントにお疲れ様だ。こういう応援があることがアマチュアの我々の支えになっている。有り難いことだ。すこ~し音楽的になってきた彼の歌声が、ホントの歌になるまで気長にお付きあいして頂けると嬉しいが、、、。

歌とは不可解な物だ。音符があって、歌詞があって、それに正しく声を乗せてもそれはある意味歌ではないともいえる。、、、この遠い行程を彼は踏み出したばかりだ。

« FBの情報に惹かれて。 | トップページ | 新しい病院。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブログの効用。:

« FBの情報に惹かれて。 | トップページ | 新しい病院。 »