« 備え。 | トップページ | 頑張れる日。 »

2014年4月 4日 (金)

お遍路さん。

昨日今日の天候の不安定さに辟易。頭は痛いわ、肩胛骨側の筋はコリコリになるわ、吐き気はするわでホントに参った。最低限のすることをして、あとは横になっているという情けなさ。そうそう眠くもないから、自然とテレビのお世話になる。日頃見ないから全く行き当たりばったりで、今かかっている面白そうなものを漠然と見る。そうした中で今夜夕食後に半分観たNHKの四国遍路についての番組は良かった。

かねてから四国遍路については不思議な感覚を持っていた。その成り立ちやなんかは流石に四国育ちの故に、幼い頃から自然と聞き知ってはいたが、改めて考えさせられた。身近には吾が父親や夫も何度か行っているし、ちぇちのメンバーの中にも若いが最近行ったとフェイスブックに書きこんでいる人もいる。画面の中でも老若男女、実に様々な人々がお遍路さんになっているのが映される。中には人生に行き詰まった人や、家族を亡くした人も多いらしいが、そうでもなくて、スポーツやスタンプラリーのように楽しんでいる人もいるらしい。

これだな。間口が広い。どんな形でも入っていける。全てを制覇して、結局何も得るところが無かったと言う人は案外少ないのかも知れない。今日の番組では、明らかに人生の転機になった人が紹介されていたが、そこまでドラマチックでなくとも、他では味わえない達成感とか、目には見えない心の平安を得た人が多いのだろうと想像する。

1200年続いてきたというから、これほど時代にかかわらず存在価値を持ち続けているものも少ないのではないかと思う。

番組の中で心に残ったお接待についての発言。「人から好意を向けられることに上手く対応出来ない。親切にされるとナントか断ろうと思ってしまうのが現代人。四国遍路のお接待はそういうかたくなな気持ちをいつの間にか溶かしてくれる。自然に本来の人間としての自分になれる。」、、、そうだよねえ。現代人は自分で自分を寂しくしている。

学者さんが言ってた。「四国とは、顔が1つで心が4つある。」4県それぞれに特徴を持ちながら四国というくくりの中でまとまることが出来るというのが弘法大師の願いだったのか。それは四国にとどまらず、日本全体への大師の希望だったのかも。

 

いつかゆっくり廻ってみたいなあ~~と、一応思ったりして、、、。

« 備え。 | トップページ | 頑張れる日。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お遍路さん。:

« 備え。 | トップページ | 頑張れる日。 »