« 遺伝。 | トップページ | 笑う角には福が、来るか? »

2013年6月27日 (木)

感じの良い言葉。

昨日は今回ゲスト参加で出演して下さるOさんが練習に来て下さって初めて一緒に歌って下さった。その洗練された美しい歌声にみんなの緊張はいやが上にも高まる、の感。

しかし、これは非常によいカンフル剤だ。いつもテキトーに歌っている人もこの日ばかりは真剣に集中力を高めて歌った。ホントはいつもこうでなくちゃ~と思うんだけど、どうしてもマンネリ化するからねえ~。

腰が低く、あくまで謙虚なOさんだったが、さすが~という歌唱力。これは暮れの公演が楽しみになってきた。

 

ところで私の友人でいつも優しい言葉遣いの出来る人がいて、常々真似しなくてはと思うのだけどなかなかそうはいかないでいる。その友人とは短歌でも一緒だが、こちらの方は彼女にとってもなかなか難しいらしい。ただ、彼女の声にはその性格の柔らかさが出ていて、豊かな歌心にはいつも感心する。この歌心はいつか短歌でも花開くかも知れない。

 

言葉とは不思議なものだ。メールという無機質なやりとりでも、日本語の使い方でどのようにでも変わる。

今日、とある音楽家のお嬢さんからメールを頂いた。父上とは長いお付きあいだったがこのお嬢さんとは今回のメールが初めてのやりとり。昨年若くして亡くなられた父上には、この団体もお世話になっていたことをお知らせした事に対して、「父が昔関係させて頂いておりましたこと、私も何かのご縁を感じます。」というお返事メール。思わずうるうるしてしまった。若い人が「縁」という言葉を使うこと自体嬉しくなってしまう。「私もお会いできますことを、楽しみに、、、」と続くこのメール。思わず天国のあの方に、「素敵なお嬢さんにお育ちですね」と声をかけていた。文章の終わりには私の体調を気遣うお言葉も添えられて、、、。

しかし、時は流れたなあ~。完全なる世代交代の時代を迎えた感がある。

 

さ、明日は又また老人会だ。3婆を伴って花○海にランチだ。私もせいぜい優しい言葉を使ってくるとしよう。

« 遺伝。 | トップページ | 笑う角には福が、来るか? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 感じの良い言葉。:

« 遺伝。 | トップページ | 笑う角には福が、来るか? »