« 生まれて初めて。 | トップページ | ホントに暑い! »

2012年7月24日 (火)

笑える話し笑えない話し。

今日の夜練は何時も通り9時に終わり、ロビー会議を済ませて駐車場へ入る前に「精算機」で精算をした。こういうことは滅多にしない。駐車券をなくす場合を恐れてのことだが、移動中に料金が上がるという人が居て、成る程、それならばと今日は出来心でチケットをバッグに会場入りした。変な予感がしたけど、余りやらないことをやるからだと思いきや、このイヤな予感は的中した。

プレミアムカードで精算したら100円不足と出たので、小銭入れを取り出したものの、あいにく5円と10円しかない。もたもたしていると一緒に降りてきたM君もそこで精算するというので慌てて出て来たカードを取って離れ、彼が精算。でも気が付くと私の手にはグリーンのカードしかない。駐車券は一体どこに消えたのか?とあちこち探していると、M君が、「あら?2枚出て来た」というので、「あ、それが私のだわ」と1枚貰い、お疲れ様~と別れる。

ところが、出口でそのカードを入れるとにゃんと、又お金を入れろと言う。ありゃりゃ~これは一体?と側の事務所に行く。後から来たM君の車も停めて、状況を係のおじさんに説明するとそのおじさんが機械を調べに行ってくれるという。ナゼか分からないがこれが結構時間がかかっておよそ20分も待っただろうか?お待たせしてスイマセンとようやく無罪放免になり車に乗り込んだ時、あっと気が付くと私のカーステレオは大音量で、「綾小路君麻呂」のCDを鳴らしていた!!そういえばこのCDは先日の高知までの長距離ドライブの時友人が入れていたのを何気なくかけたところだったのだ。出口なので精算のため窓を全開したままだったから、それが外まで丸聞こえ状態だったはず。どうりで長い間出口で待っていた係のおじさんがにやにやしていたと思った!

私も良いことをしたもんだ。退屈な夜の勤務を少し軽減して差し上げたんだから!

 

我が家の居候は、チビの方が軽い風邪のようなものをひいたらしく高熱で、一時慌てたが昨日救急当番医に診て頂き、あっという間に平熱に戻って一安心。ま、男の子はこれからも色々あるだろうなあ~。

それにしても毎日どんどんボキャブラリーが豊富になってきて、面白いのなんの、飽きるということが無い。これほどなついて大丈夫なのか?と想わないでもないが、ずっと一緒に居られないのが宿命だから仕方がない。別れるときは辛いんだろうなあ~。

昼間シャンソン教室を終えて帰宅すると家の中から察知して、玄関の鍵を開けてくれる。「おかえり~」の可愛い声は録音しておいて居なくなっても毎日聞きたいくらいだ。

 

最近の気になった言葉。大江健三郎さんが代々木公園のデモ隊を前に、「私たちは侮辱されている」という言葉を使って原発反対を訴えたというニュース。「侮辱」とはあなどり、はずかしめる、ということ。さすが文学者の表現は凄い、と思った。

« 生まれて初めて。 | トップページ | ホントに暑い! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 笑える話し笑えない話し。:

« 生まれて初めて。 | トップページ | ホントに暑い! »