« 眠い日々。 | トップページ | 逆療法? »

2012年5月13日 (日)

同窓会。

同窓会とは奇妙なものだ。その時代にはそれほど親しくなかったのに、時を経てこうして集うとみんなすっかり仲良しだ。それぞれがそれぞれの時間を同じだけ過ごしてきて、幼い頃は知り得なかったその人の人生が垣間見えたりする。恐らくは平坦ではなかったかも知れないが、この場では一様に幸せそうである。少しずつ近況報告などありながら、和やかに過ごす快感がある。

今日は時期的に難しく、例年より少ない50名ほどだったが、それでも幹事達は大変だったことだろう。ホントに良くやってくれる。彼らが居てくれて、段取りをしてくれるから、遠い県外からでも集まってくるんだろう。実に52年ぶりに会う人が数名いたが、流石に彼らは様変わりしていたなあ~。女性陣が騒いでいたあのお方も残念ながらすっかりおじんだ。

4クラスしか無かった中学校だったが先生はお一人のみの参加。そりゃあ50年以上経ってるわけで、これは仕方がないことだ。が、今日聞いた話しでは、小学校の担任教師を訪ねて奈良県まで有志が揃っていくそうだ。私はクラスが違うのでそれには参加出来ないが、、、、このエネルギーはなんだろう。もしかしたら自分探しの旅かも知れないなあ~。

しかし、病気で飲めなくなったとか、最近入院してたとか、色々故障を訴える人も多かった。その反面、最後の力を漲らせてあれやこれやと楽しんでいる人も居た。勿論現役の職業人も。ま、昔の人よりは確かに元気なのではないか。、、って、こっちはヒザが相変わらず痛くて、びっこをひくのを気取られまいとして緊張して歩いたり、テーブルに付くや否や一度も動かず、みんなが寄ってきてビールを注いでくれるのを受けるのみに終始した。なさけない!

同窓生のあの人とこの人が昨年亡くなったと発表され、一瞬空気が沈んだが、スグにそれを跳ね返す勢いで盛り上がった。みんなの脳裏には次は自分かもという思いが過ぎったのかもしれない。少々早いか遅いかの違いだという悟りもあるだろう。

ケッコウ美味しい料理に満足して、3時間ほどの会合はお開きとなり、私を含む半分の人が二次会へと流れる。デュエットやソロを何曲か歌ったが、その後三次会となったときは流石にもう無理。ヒザも限界だし、妙にアルコールが回って眠い眠い。出るときは婿どのにプレゼントされた黄色いスカーフを巻いて、颯爽と出かけたが、帰路送ってもらう車中では思わずコックリ。イヤハヤイヤハヤ、、、、。

 

ゆっくり時間をかけて食事をしたせいか、全くお腹も空かず、やたら疲れたと訴えると珍しく夫は自分のえさを調達しにスーパーへ。実は帰るや否や外食しようかと誘ったが、予想通り言下に却下。外食よりはスーパーが良かったみたい。ま、少し成長してくれたか。こちらも夕飯の支度をするのから解放されておはぎ1コでチョン。

この同窓会は又3年後だそうだ。

« 眠い日々。 | トップページ | 逆療法? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 同窓会。:

« 眠い日々。 | トップページ | 逆療法? »