« 旅の果て。 | トップページ | 外はすっかり晴れていたようだ。 »

2012年1月 3日 (火)

正月。

時の流れに身を任せ、暮れから正月へと過ごしているが、なんだか二人の自分が別々に動いているような奇妙な感覚。例年のようにおせちを食べ、例年のように孫べえが来て、例年のようにお雑煮をしては食べ、初詣に行き、例年のように我が家で宴会もやる。、、、こうして動いている私と、全く動いていない私が混在していて、時々そのギャップにクラッとめまいがする。同年のちぇちのメンバーも何しろ眠くて仕方がない、とぼやいている所を見ると、コレは矢張り年齢からくるものか。さっきテレビでチラッと、「人は何故老いるのか?」というテーマの番組があると宣伝していたのを聞いたが、見た方が良いのかも。

ようやく年賀状を書き上げて、、、、といっても来た物へのお返事がメイン。こういう時筆無精というのは困ったもんだ。頂くのは嬉しいが、出すのは億劫、ってわがままだなあ~、我ながら。1年に1回のやりとりで、その人の近況を知る事が出来るという点で、年賀状の習慣は良い習慣とも言えるが、日頃会っている人ともやりとりするという風に変化してきてこれで増えに増えているのが現状だ。、、、こうした中で、東京からの1枚。「ちぇちぃりぁの運動を是非今後とも続けて下さい。」というのがある。この人は半分プロとして歌っているが、以前は同じ舞台で歌っていたことがある。歌が好きで好きで、仕事まで投げ打って上京した。ホントに幸せな人だなあ。環境が赦したということだが、やっぱり結婚してないな~。性格も良いし、温厚な青年紳士といった風情だが、なかなか理解のある女性には巡り会わないのかもねえ。

 

ところで実は公演の後片付けがまだ終わっていない。その文章類をようやく仕上げ、あとは会計報告の仕上げのみとなった。眠れる森のビジョビジョも流石に起き出さなくては。一気に完成させて提出だ。会計さんと密度の濃い時間を持つ予定だ。これが終わって初めてお正月かも。やれやれ。

« 旅の果て。 | トップページ | 外はすっかり晴れていたようだ。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 正月。:

« 旅の果て。 | トップページ | 外はすっかり晴れていたようだ。 »