« 笑いについて。 | トップページ | 晴れたり曇ったり。 »

2011年12月 4日 (日)

疲労の極致。

連日の深夜までの練習に、終わった後も一端腰かけたら立ち上がれないほどに疲れている。今日は午後1時から夜の9時までの練習で、途中ラーメンを食べに行ったは良いが、自分のお肉を食べてしまった!どうせなら頬の裏側でなく、別な場所のお肉にしたかったが、、、、ま、しゃあない。いてててて、、、。これって、本番までに治るかなあ?

 

今日も外部の人から、いつもより仕上がりが遅くないですか?と言われてしまいハッとした。私の檄を飛ばす回数が少ないと感じているようだ。そうかもしれない。これが老化というものだ。ともかく、疲労の蓄積がひどく、少々のことではなかなか快復しないのだ。今日は2回も栄養ドリンクを飲んだが、効いてるような気がしない。

 

ラーメンを食べたにも関わらず、何だか夕飯がまだのような気がしていて、帰宅してから冷凍の「マグロどんぶり」でビールを飲む。なにもかもゼロのビールだ。丁度テレビでは、マラソン選手とパラリンピックのマラソンに挑む女性アスリートの話題が放送されていた。この疲れ切った身体には、グッドタイミング~な話題だ。彼らはナント素晴らしい根性の持ち主か!?こんな事くらいでへこたれていては申し訳ない。「限界まで、、」という言葉が繰り返されるのを聞いていると全く恥ずかしくなる。走りきって倒れ込む程の頑張りを果たして私はしているだろうか?どっかに甘えが無いだろうか?自分に初めから限界線を引いていないだろうか?どっかで、年なんだから、これくらい出来れば良いだろう、という甘えが無いだろうか?、、、、。

 

今日はみんなの前で、ちょいと偉そうなことを言った。がらにもなく。これを言うのが自分のお役目だと思って、頑張って言って見た。いろいろな角度から言ったが、結局は、「演出家は一人」ということだ。これは決して私のためではない。そもそもの最初から、これは共通認識でなくてはならない。にもかかわらず、大小様々な演出家が現れるのは、ひとえに私の力の無さだ。「みんなで創る」を勘違いしてしまうのは危険だ。特に経験の浅い人たちは大いに惑わされる。、、、、本番まであとわずか。ここでの仕切り直しは、遅いかも知れないがきっと効果があると信じている。みんなが同じ方向を見ていると、今日は実感できたから。

 

帰りに駐車場のチケット買うために事務所に行く。領収書に名前を入れるのに団体名を告げると、「ああ、いつも沢山練習されてる方ですねえ~。」とそのおじさんが言ってくれる。「そうなんですよ~、あっという間にこのチケットが無くなるんです~」というと、「そうでしょうなあ~!?」と大いに同情してくれる。まあ来てはくれないだろうが、そこにもしっかりチラシを置いてきたもんだ。

 

さあ、明日は朝からホールの打ち合わせと新聞社。そのあと衣装のことで人と会い、夕方から又練習だ。

 

倒れるまでやるとするか!

« 笑いについて。 | トップページ | 晴れたり曇ったり。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 疲労の極致。:

« 笑いについて。 | トップページ | 晴れたり曇ったり。 »