« 今日はチト寒い。 | トップページ | 笑いについて。 »

2011年12月 2日 (金)

あと一週間。

前日の場当たりまで1週間となってしまった。何かしら、やり残していることが多々あるような、落ち着かない気持ちで揺れている。ホールに入ってしまえば、覚悟が出来るが、いつもこの時期はぞわぞわしている。

そんな中、今日はラジオの生放送に出演、会長共々冷や汗た~らたら。全く打ち合わせもなく、駐車場で二言三言交わして現場入りしたために、案の定予期せぬ(予期しない方がおかしい)質問に、もたもたもた。自分の番組では、これをいつもやっているにも関わらず、ゲスト側に立つとあちゃ~てなもんだ。

ところが、嬉しいことがあった。次なる予定の前に遅い昼食をと帰宅してパソコンを開いたら、「今ラジオでお懐かしいお声を聴きました!」というメールが入っている。彼女は以前ガラコンサートに何度か出て貰ったことのある方で、結婚して今は二児の母だと書いてある。歌は忘れず、子どもの幼稚園などでゆる~く歌ってます、とある。その内時間が取れるようになれば又歌を頑張りたいとも。、、、時間の経過を感じてしまった。あの可愛らしい方が、ねえ~。

是非母子室で聴いて下さいとお返事すると来てくれるようだ。、、それにしてもラジオというのは凄いもんだ。

 

毎日これでもかとお仕事が降って湧いてくるが、その中でも今頃来る物が一番大事な用件で気が抜けず、大いに疲れる。放送局へ行く前にもう一件、これは本番をテレビカメラが3台も入り収録してくれるということの簡単な打ち合わせだ。担当の方とは初対面の打ち合わせ後に県の前夜祭でもお目にかかり親しくお話しをさせて頂いた方。既に旧知の如く明るい対応をして頂き感激だ。テレビを見るのが怖いような見たくないような、、妙な気分だが、まあ、決まったことだ。カメラマンもどうやらかっちり決まってきたし、舞台の関連も深夜までやりとりをして、素敵な物が出来そうだと分かる。ホントにこの時期舞台さんも芸術祭がらみで大忙し。私のようにこだわりを持つ人間にとっつかまって、もっとこう、もっとああ、と言われてお気の毒だが、私にしてみれば、もの凄く少ない予算で最高の物をと思うから、結局はデフォルメするなどして、凝るしかない。

日曜日には一度の照明リハでは、、、と見かねた照明さんが再度現れてくれるらしい。こういうプロの方のご厚意に支えられて今まで大それた事がやってこれたのだ。ご本人達は「腐れ縁」と思ってくれているだろうが、「出世払い」の合い言葉も段々声が小さくなってきて、申し訳なさで一杯だ。ホントに、小さな団体が、「夢」だけはどこにも負けない位でっかくて、信じられない舞台を実現してしまうのも、こういう方や、様々な形でご協力して下さる数え切れない人々のお陰だ。

昨日だったか、夕食の時NHKの歌謡ショーにゲストで出ていた年配の冒険家?が、若者へのメッセージをと言われて、「皆さん夢を持ちなさい。夢はデカイほど良い。どうせただなんだから。ダメだったら、又別の夢を見ればいい。」てなことを言っていたのを、箸を止めて聞き入った。。そうなんだ。「海ほど願え」という言葉もある。本気で夢を見ることだなあ~。

 

郵便でご案内した方々から、次々と暖かいお返事を頂く。夜の外出は控えていると以前お聞きしていたある女性は、若い人に乗せていって貰う事にしました、と書いてくれる。こういうお便りはホントに嬉しいが、もの凄いプレッシャーにもなる。頑張ろう。

メンバーで東北へ転勤していったMくん。お便り係のSさんに電話があり、飛行機ではるばる駆けつけてくれるという。今回の震災で命からがら逃げ出した経緯など聞けるかも知れない。それより何より、嬉しいではないか!?まるで同窓会の如く、懐かしい方々が来てくれそうだ。

こういう人間関係こそが、団体の宝物だと思う。これから先も沢山の新しい人間関係が生まれ続けるだろう。それは、私がこの世から居なくなっても続く物であって欲しいし、そうなるだろう。会長の若さと人格とエネルギーに期待したい。

« 今日はチト寒い。 | トップページ | 笑いについて。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あと一週間。:

« 今日はチト寒い。 | トップページ | 笑いについて。 »