« ちょっとずつのチョンボ。 | トップページ | 東京。いま。 »

2011年7月13日 (水)

韓国な一日。

今日のFM収録は、韓国人の奥様とアメリカ人のご主人というカップルで、まだお若く、奥様はご懐妊中だ。私とはつい先日知り合ったばかりなのに、もうあと数日で日本を離れ、韓国の彼女のご実家でお産をするというから残念な話し。「会うは別れ」まさしく!

しかし、このZという女性はとてもユニーク。多分韓国人の中でも相当ユニークだろうと思う。でも、何故だろう。すごく懐かしい感じがする。全く気取らず、いつも本音で話し、夫の事を最高の表現で語る。余り日本語が得意じゃない彼の方は、ひたすら「優しい」という以外に余り分からなかったが、Zさんは2年しか日本に居なかった割になめらかな日本語で話すため、人間性がとても良く分かる。今日も手放しで彼のことを褒めちぎり、いつも感謝していると言う。311の震災以降は、毎日、彼にこの感謝の言葉を言うことにしていると言う。毎日、愛してる、感謝してる、一緒にいられて嬉しい、などなど、、、。「だって、明日何が起こるか分からないでしょう?」というのだ。「僕もそうです」とちゃんとのろけ返す彼は初々しく白い肌を赤く染めている。いやあ~、とっても素敵なカップルだ。本日ミキサーを努めてくれたA氏はどう思ったか、こなれた英語を駆使して彼をもてなしてくれたが、、、、。

今日の収録のオンエアは8月で、もう韓国だからパソコンで聞くと言う。やっぱり若い。

 

今夜は、韓国の大学の先生をしている友人の娘Tさんが我が家に来るというので、夫と二人分の食事を準備して出かけたが、丁度良いチャンスだからと、携帯でZさんとTさんに話して貰う。すると意外にも二人は近いところに住むことになるらしい。我々もひょっとしたら韓国で再会、てなことになるかも知れない。ほ~んと、何が起こるか分からないもんねえ~。

 

それはともかく、Tさんは一応悩み相談だったわけだが、若いときに大いに悩むのは良いことだと思うし、帰宅してからもしばらく夫に代わり話し相手になったが、矢張り20代には20代の悩みがあるってことだ。「30になったら、また考えが変わるかも知れないんですが、、、」と、周辺を見回して自分の将来を見ているようだ。

彼女は明日からヨーロッパに旅立つと言い、私も明日は上京だ。11時近くになって「又ね」と送り出したが、旅することで、心がリフレッシュされるかも知れないなあ。

 

雨上がりの空を見上げながら、この地球上に、色んな人が住んでいるなあ、と改めて思ったことだ。

« ちょっとずつのチョンボ。 | トップページ | 東京。いま。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 韓国な一日。:

« ちょっとずつのチョンボ。 | トップページ | 東京。いま。 »