« 笑いたい想い。 | トップページ | 一隅を照らすということ。 »

2011年4月23日 (土)

今日は雨。

シャンソンの発表会のチラシが試行錯誤の末まあまあに満足出来る物が仕上がった。パソコンと格闘して、取りかかった初日は半日かかった。おそろしく低レベルの技術を駆使して、まあまあ見られる物を作るのは時間との勝負だ。「お兄ちゃんだったらものの10分でやっちゃうわよ!」と、娘にはさんざん馬鹿にされながら、とにもかくにも手探りの独力でやっつけた!終えてみるとこれが随分と楽しい時間だったことに気付く。案外向いているのかも知れないなあ、こういうことやるのが。時間が経つのを全く忘れてやっているのはあと陶芸くらいのものか。矢張り作るという作業が面白いんだろうなあ。

しかし、歌というのは難しいものだ。自分の身体以外媒体となる物を使わないから、その本家本元の状態がもろ表に出る。元気すぎるとこれ又気負いが先に立って安定した声が出ないことになる。誰か信頼できる人にいつも聞いて貰わないと、どんどん悪い方へ変化していても気付かないことが多いやっかいなもの。

でも、本来歌は全ての人のためのものだと思う。基本は楽しむことにあるんだが、本当の喜びを知るためには、やはり訓練が必要となる。そこんとこを伝導しているつもりのアチクシの教室だが、永くなったなあ~。やり始めたら辞められない性格が災いして続いているが、全て「遊び」の範疇だと認識している。「遊び」は本当に大切だ。「真剣に遊ぶ」ことの大切さ。

昨日だったか、仕事をしながらラジオを聞いていたら、オモチャの研究者が出てきて面白いことを言っていた。子供にとって最高のオモチャは母親の目、口、手、足、指その他全ての身体がそうなんだと。例えば子供の手の平に指で字を書いて遊ぶとか、、、。で、早速娘に質問してみた。「子供にとって最高のオモチャは母親の身体のどこだと思う?」と。するとスグに出た答えが、「オッパイ」と来た。「だって、すぐこれで遊ぶんだもん」なるほどねえ。そうくるか。

オッパイといえば乳がんでTという女優が亡くなったというニュースが流れた。好きな女優だったなあ。私よりも10歳若いらしい。しばらくあの潤んだような見張った瞳を思い出すんだろうなあ。

今宵久しぶりに会った同窓生が、自分の娘さんが矢張り乳がんで5年と言われて10年になるという。お孫さんのことも含めて明るくしゃべるのを聞きながら、人はホントに辛い時って必ずしも暗く表現しないんだなあと改めて思ったことだ。あの被災地の避難所の人々を見てもそうだもんなあ~。

でも、「天声人語」だったかで、「笑顔だけどうつろな人々をゆっくりと長い目で見守ってあげて欲しい」と書いていたが、ホントに人間て、内面と外面が違うってことだ。

 

放射能汚染に関する対策の発表が次々と深刻さを増してきている。何とか収束して欲しいと、今は祈るばかりだ。

« 笑いたい想い。 | トップページ | 一隅を照らすということ。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日は雨。:

« 笑いたい想い。 | トップページ | 一隅を照らすということ。 »