« まいにちまいにち、、、、。 | トップページ | 素直な人は上達する。 »

2010年10月10日 (日)

退院。

ようやく娑婆に帰ったが、、、娑婆とは、苦しみが多く忍耐することの多いこの世という意味らしいが、確かに!

目を覆うばかりの我が家の惨状に、なるだけ目を向けず、目の前のことだけやっつけている状態。不自由な足で、病院から持ち帰った物も一包みづつ荷をほどき所定の場所へと納めているが、これ即ち我慢、忍耐の時間。

夕べは少しばかりのワインのせいか、はたまた久しぶりの自分のベッドのせいか薬のお世話にならずにぐっすり眠れた。まあ3回ほど痛みと共にトイレに起きたが、ベッドに戻ると又眠れる。

病院での規則正しい生活の習慣が身についていて、進んでいるとは知らず時計を見て朝の9時だと思い起きて階下に降りていくとナント!まだ7時だった。ただ今我が家の時計は3個狂ったまま動いているのだ!!

 

今日は初めて仕事も少し、家事も少し、運転も少し、あるお宅にお呼ばれに出かけ、お喋りも少しと沢山、、、。さすがに疲れた。

病院でも、普通の病人よりは、なにやかやとやっていたつもりでも、行動範囲が日常とは全く違う。病室では本は沢山読めたし、暗譜も、やらねばならないプランにも時間をかけて考えを巡らす事が出来た。が、これらは殆どベッドに腰かけてで、ホントに動いてない。狭い個室がなにやら妙に居心地が良く、持ち込んだ瞬間湯沸かし器でコーヒーも入れ、カセットデッキでラジオも聴き、時々はテレビもみて、訪れる見舞客との会話もありいので「退屈」と思うことは一日も無く、昼寝も一回もしなかった。ベッドに居ると眠ってしまうよと言われたが、それは夜の不眠の原因になるという思いもあり、頑張って眠らないようにしたのもあり、あれこれと用事が出来たということだ。

そして、おもろい珍事にも遭遇する。

この病院で働くある人が、段々気軽に声をかけてくれるようになり、短い会話を交わすようになっていたが、退院の二日前。その人はノックしてドアを半開きにし、「あの~お客さん居ませんね!?」と顔を覗かせる。「ハイ」と返事すると、「週刊誌にね、骨盤矯正下着だか、パンツだか、はくだけでスリムになれるものがのってたよ」「、、、ハア、、、。」「大分効果があるらしいですよ」「まあ、そうですか!?有り難うございます!!」と頭を下げるとあっという間にドアは閉められた。、、、今のはなんだったのか?もしかして私に勧めてくれたのか?多分、いや、絶対そうに違いない。でも、面白い人だなあ~。そういえば二、三日前から何か言いたそうにニコニコしてたのはこれだったのか。と合点して、いよいよ退院当日。荷造りをすっかり済ませ、あとは相変わらず多忙な夫に代わり弟が迎えに来るのを待つだけ、という時間に、「住めば都じゃないけど、去りがたいなあ~、、、、」とぼんやりしているとノックの音。「ハイ」とてっきり迎えと思って立ち上がると、又あの人!今度は新聞紙を見せたい部分が見えるように折りたたんで、こちらに示しながら、「あのね、今朝の新聞にね、こんなのが載ってました!セ○○○というお茶ですよ!」「はあ」「このお茶は随分脂肪を取ってくれるそうですよ!!」「ああ、それは知ってます。」「なんかね、もの凄く良いお茶らしいですよ。」「ああ、スイマセン、教えて下さって有り難うございます。」「いえいえ、良いらしいですから。」、、、etc。この会話の間何度もその新聞を差し出してくれたが、眼鏡をかけて読む気にもなれず、お礼を言ってお引き取り頂いたが、、、、、恐れ入谷の鬼子母神~~てね。いやはや、確かに彼女は細かったなあ~。

いや、彼女だけではない。私と同じ手術をしたという人たちも、みんな細い人ばかり。これ、どういうこと?細くても色んな条件で膝を痛める人が居るんだなあ~。てえことは、やっぱり今後若くなるわけではないから、少なくとも痩せなくちゃあ~って、ことで、この彼女のある意味おせっかいも、ありがた~く頂いて、早速その日にそのお茶を買い込んだという、素直な私。しかし、苦いんだよなあ~このお茶。グスン。

« まいにちまいにち、、、、。 | トップページ | 素直な人は上達する。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 退院。:

« まいにちまいにち、、、、。 | トップページ | 素直な人は上達する。 »