« 演奏会その1終了。 | トップページ | セカンドなんたら再び、、。 »

2010年10月26日 (火)

救いはあるか、、、。

ただ今丑三つ時。外に犬の鳴き声がしている。体はメチャクチャ疲れ切っているが、どうしても解決したいことがあり、今もメールのやりとりに時間を使っている。、、、伝わりにくいとは分かっていても、こうした手段が必要なこともあるなあ~。

 

人というのは理解しているようで、実はそのホンのひとかけらの事しか分かってないんだ、ということを、今日も思い知らされた。と同時に、コミュニケーションが必要だということも、、、。

 

表に出てくることしか分からないが、勿論その奥には多面的な感情の渦が渦巻いているのが人間だ。自分自身さえ、常に何を考えているかを理解し、把握できているかが疑わしいくらいだ。だから、議論の中で、思いがけない意見を言ってみたりする。あれ?私って、こんな事考えるんだ!?こういう時、こういう反応するんだ!?と驚くことさえあるくらいだ。ましてや他人の心の奥底がそう簡単に見えるはずもない。分かったような気になっているだけだろう。

でも、そんなこと言ってたら人間関係はゼロになってしまう。表に出てきたことからイマジネーションをふくらませ、理解しようとつとめることしか出来ないのだ。

一人の人は球体に例えられるかも知れないなあ。丸いから、接触するのは非常に狭い範囲だけだ。お相手が少し扁平な部分で、例えば手の平でなでてくれると、少し触れる場所は広くなるが、お互いが固い球体同士だと、ふれあう面積は絶望的に狭くなる。どちらかが、柔らかい心で接してくれると、球体もその中にすっぽりはまって、ふれ合う面積が多くなり、より理解できるだろう。どちらも柔らかければ、どちらからともなく混じり合い、よりよく理解し合えるだろう。自分を柔らかくする、柔らかい心のままに居続けるのは、そう容易いことではない。いやむしろとがってしまうことも多々ありそうだ。そこに生えた角は相手をブスブス刺してしまう。修復力の強い人はその傷を素早く癒すだろうが、弱い人は、自らの手で傷を広げてしまうだろう。これほど悲しいことはない。、、、が、往々にして人はこうして傷つけ合う。

望まなくても人間とはそうした生き物だ。

« 演奏会その1終了。 | トップページ | セカンドなんたら再び、、。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 救いはあるか、、、。:

« 演奏会その1終了。 | トップページ | セカンドなんたら再び、、。 »