« 放送。 | トップページ | 人生で二度目の手術。 »

2010年9月18日 (土)

芸術の秋。

突然秋がやってきて、動けない私にさえ、今の体の状態を知ってもらえてないからだが、様々なお誘いが来る。音楽会はもとより、演劇、ミュージカル、寄席、OB会にミニ同窓会その他諸々、、、。全てお断りをしている状態だが、今日はまた飲み会にまで誘われた。事情を話すと一様に驚かれるが、膝を痛めたというとこれ又一様に納得してくれるからおかしい。

、、、それにしても残念なこと。これほど声をかけて貰えるというのは実は有り難いことなのだ。なのに、どれ一つ参加出来ないというのは余りに情けない。自分の出演する舞台さえ、車いすかも~と冗談が出る始末。全く無いとは言えないなあ~。明日の再診でハッキリするだろうが、、、。

 

一日限定して数名の顧客の施術をさせて貰っているが、習慣とは恐ろしい物で、やっているときは膝の痛みも8割方忘れていられる。勿論休み休みではあるが、事情を分かってくれる人ばかりでむしろ気遣ってくれるからやれている。1時間立っていると足全体が麻痺してくるし、何とも気持ちの悪い鈍痛に襲われる。今は上半身のみで生活しているような感覚だ。

そんな中、夕べはパリ帰りのサックスのS嬢とドイツ帰りの画家のST嬢の二人とFM収録。予想よりは大丈夫だったが、ハプニングがあったりして、いつもの倍近く時間もかかり終わったときはヘロヘロだった。救いは若い二人の明るさだったが、体調の悪さは滑舌にも声にも表れて、内心ドキドキものだった。集中力に欠け、意味のない質問をしたり言葉の選択を誤ったりと、まあ若くて利発な彼女たちだからやれたようなもんだ。有り難かったなあ。

それにしても若い人の中にこうして夢に向かって真っ直ぐに駆けている人たちが多くなってきたのはとても嬉しいし、こういう人たちと触れあえるのも幸せだ。

 

ミキサーを担当してくれたちぇちの二人のサポーターに守られて車で移送して貰う。何時もながらホントに頼もしい彼らだ。ほとんど介護を受けてるようなもんだなあ~。ふ~っ。

« 放送。 | トップページ | 人生で二度目の手術。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 芸術の秋。:

« 放送。 | トップページ | 人生で二度目の手術。 »