« Sさんの結婚。 | トップページ | リサイクルショップ。 »

2010年2月 7日 (日)

禅は善。

104歳の永平寺の高僧が、「禅」について色々語っていたのを偶然テレビで見たが、とてもその御年とは思えないかくしゃくぶり。あのように頭脳明晰でいられるのも、修行の結果だろうか。「自然は立派だ。時が来ればそのときに必要なものを咲かせて、それを褒められようが褒められまいが、又時が来れば枯らして去っていく。」「修行とは、真っ直ぐに生きることです。真っ直ぐとは、心が真っ直ぐ、姿勢が真っ直ぐ、、、、生きることそのものが真っ直ぐでなくてはならない。」含蓄のある言葉が次々とその唇から放たれ、テレビ画面とはいえ、私には「私に語ってくれた」という思いがしたことだ。この収録は何年か前のものらしかったが、今もお元気なのか?残念ながら予定の時間があり、途中でスイッチを切ってしまったが、何とかもう一度みたいもの。

毎年、かなりの若者がこの禅寺を修行のために訪れるらしいが、こういう所は永永と続いて欲しいところだ。というか、そうして厳しい修行の門を叩く若者がまだ日本にも大勢いることに安堵感を覚えた。彼らの修行は一人彼らの為だけではないのだ。一人の雲水が多くの人の悩みや苦しみを解くことになるのだから。

それにしても、こういう場所に女性が存在しないのはどういう意が、、、?女性は所詮そのような修行には向かない、ということか?まさか穢れ多きものだから?

 

今日は公演に来てくれた県外の方を3人ほどお招きしてランチタイム。いずれこの方々と共演出来れば、、、な~んてことも視野に入れての会食だ。総勢8名は時間の経つのも忘れ大いに和やかにお喋りとなる。そこでアル男性がおもしろい表現をされた。「人の会話には、運転の時のハンドルさばきのような遊びが要る。」

公演時の人間関係に話が及んだ時のことだったが、年齢層がかなりある我が団体においては、みんなが心しなくてはならないことだろうと、全員合点したことだ。

永平寺での修行にはほど遠いが、こうして我々も日々何かを得ながら暮らしている。

« Sさんの結婚。 | トップページ | リサイクルショップ。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 禅は善。:

« Sさんの結婚。 | トップページ | リサイクルショップ。 »