« 老いの詩。 | トップページ | 悼む。 »

2009年9月26日 (土)

悪夢。

 夕食後、どうにもこうにも眠くなり何もかもおっぽり出してベッドに。何が悪かったのか、携帯電話の悪夢にうなされて居たら、 メンバーのS嬢からホントに電話がかかって飛び起きた。舞台用のインテリアのオークションのことだったが、 ねぼけていてそのまま起きてパソコンを見られず、最後の面白いという駆け引きが見られなくて残念。 20分後にようやく起きられてこうしてパソコンの前だが、、、まああの夢は凄かった。リアリティに充ち満ちて恐ろしかった。

 確かバスに乗っていて、それも2台の車両がくっついているという奇妙なバス。座席に腰掛けていると携帯が鳴り、 大きく響くので慌てて探している。我を忘れて大きな声で喋っては、周りが気になって車両をかえたりしている。 ドアが開くと外にいる人が険しい顔つきで睨んでいる。それを何度も繰り返し、果ては何か事件に巻き込まれてそれが携帯に関係している、、、、 そんな夢にうなされていた。

 でも、夢の中で鳴った携帯と、本物の携帯が区別が付くというのもおかしなものだわい。さあ、本格的に眠るとしよう。

 

 

« 老いの詩。 | トップページ | 悼む。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 悪夢。:

« 老いの詩。 | トップページ | 悼む。 »