« ドッキリ成功! | トップページ | オバマ大統領。 »

2009年1月20日 (火)

みんな、自分のすみかへ帰っていった。

 午後近くまで起きられないで、さりとて眠っているわけでもなく、枕元の携帯メールに返事をしたりはしているのに、 ベッドから出られない。今日も本日休業の札をぶら下げているなあ~と考えながら、ぐずぐずしていたが、階下でごとごとゴミ出しをしたり、 食器洗浄機から食器を出しているらしい音がしていたのも止み、我が家が静まりかえったところでようやくのろのろと起き出した。 今日は午後に空港から出発する孫べえたちを見送らなくてはならない。母が電話してきたし、 いくらなんでも2時からのレッスンの準備もしておかなくては、、、、とやるべき事を頭に描いてようやく身体のエンジンに点火。 鏡の顔はメチャクチャむくんでいるが、多少のお化粧を施し少しは見やすくして母のお迎えだ。 車では隣でず~っとお喋りし続けている母の声を遠くに聴きながら、時々曖昧な返事をする。怪しまれずに空港に着き、 孫の顔を見たら急に元気になる私。ゲンキンなモノだ。このちび助、いきなり「ナイシューチューミーチュウー」と来た。 母親の説明に寄れば英語のテレビ番組が大好きなんだそうだ。昨今のテレビの影響はたいしたもんだ。「次ぎに会うときはひらがな書けるかな?」 と冷やかすと、「ん、書けるよ。お勉強するん。ぼちぼちね。」とまるで大人の言葉の受け売りだ。ホントに、次ぎに何時会えるか知らないが、 きっと又ずいぶんと成長しているんだろうなあ。あちらのご両親と我々と4人全員にまんべんなく別れの挨拶をして、 一人一人にガラス越しに手を振るあたり、一体誰に似たのか、ムムム。

 母を送り届けて帰宅する気になれず、極度の疲労感でとうとう接骨院に飛び込んだ。 通常1時間弱の施術時間を大幅に超えて丁寧に見て下さり、全身に針治療だ。途端にメチャクチャ眠くなり、少し眠ったようだ。 一日おきに来て下さい。と言われて、私の返事は、「努力します。」だった!そういう時間が取れれば良いのだろうが、、、。 要するに大変疲労していることは間違いないようだ。それにどっか故障してもいるようだな~。ま、なるようになる。

 

 昨日のサプライズは私の感違いもあったようで、みんなの演技力を試し損ねた。が、実は私的には、 全体の空気を見てハラハラしていたのだ。なんとなくわざとらしいというか、ギクシャクしているというか、自然でない空気が漂っていたからだ。 後から、騙されたA氏がいみじくも語ったように、普通なら個々に寄ってきて「おめでとう、何歳?」とか、「へええ?そんな歳なの?」とか、 色々言ってくれると思うのに、誰一人寄ってきてくれなかった、ということで、みんなぼろを出すまいとして遠巻きにしていたのが、 不自然さを醸し出していたのだった。フフフ。いやはや、演技とは難しいモノだ。

 

 大きな平和を論ずるには、小さな優しい心が必要だ。

« ドッキリ成功! | トップページ | オバマ大統領。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: みんな、自分のすみかへ帰っていった。:

« ドッキリ成功! | トップページ | オバマ大統領。 »