« 本番は明後日。 | トップページ | なが~いオペラ、ようやく終わる。 »

2008年9月19日 (金)

ゲネ終了。

 ゲネプロで失敗すると本番が上手く行くというジンクスは、かねてから自ら体験してきたことだ。が、別にそれをねらったわけでもなく、 今日のゲネプロでは、「足がつる」というアクシデントに見舞われて、「ハッ」とした瞬間セリフが飛んだ。長い練習の成果で、少しの私の「間」 に気づいてくれた次の人がすっと入ってくれて事なきを得たが、、、、なんであんなところで、こうなるの?ってところだ。まあ、 その足がつった原因には思い当たることもあり、道具さんにちょいと細工をして貰うことにしたが、 今日は一日中ハイヒールを履いて動いていたのも疲れの原因になたっただろう。明日はそんなことも含めて、万全の体制で臨まなくては!?

 万全といえば、有り難いことにちぇちのメンバーが、今日の練習終わりに会場まで迎えに来てくれて、 しかも同乗していた彼女の母上を送ってから再び私の御身をマッサージするため、夜の10時だというのに来てくれた。 申し訳ないからとご遠慮したが、今日の疲れは今日取るべき!との彼女の強いお勧めに従い、お言葉に甘える。 汗びっしょりになってやってくれて、もうもうどのように感謝すれば良いか分からないほどだ。お陰でホントに身体が軽くなった。このまま、 早く寝るとしよう。

 

 肩こりは歌い手にとって困るものだが、ソリストの控え室には私以外にも強度の肩こりに悩まされている人が居て、実は、 ほんの少しだったが、その方をもみほぐして差し上げたものだ。肩をもむ=その人に良い声で歌って頂きたい、という願いが込められているのだ。 私もそう思ったし、私をやってくれた人も同じ事を言っていた。この優しい心に励まされて、いよいよ明日は本番だ。ホールへの入り時間には、 別なメンバーが送り届けてくれる。まるで、「要介護」の人みたい!!ハハハ。実際、要介護、なんだ。

« 本番は明後日。 | トップページ | なが~いオペラ、ようやく終わる。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゲネ終了。:

« 本番は明後日。 | トップページ | なが~いオペラ、ようやく終わる。 »